« 中途半端でもいいじゃないか | トップページ | ニューズウィークさん、国家って何か判ってる? »

2005年5月31日 (火)

日本はお行儀がよすぎる

日本はお行儀がよすぎる

「オピニオン縦横無尽」櫻井よしこ
週刊ダイアモンド 2005/06/04

日本は、なんとお行儀が良いのだろうか。

そして今、公明党は教育基本法の改正論議で「児童の居住国及び出身国の国民的価値観の尊重」を盛りこむように主張している。日本に住む外国人児童の国々の価値観をも大切にせよと教育基本法に書き込め、というのだ。

櫻井氏は、この公明党の主張に真っ向から反対している。私は櫻井氏に賛成すると共に別の感想をもった「日本は なんとお行儀が良いのだろうか」と。

これは確かに理想ではある。それぞれの児童の持つ歴史・文化・精神世界を尊重し育むことが公教育でできればどんなにすばらしいだろうか。

だが、2つ言いたいことがある。ひとつめ、自国の歴史さえ十分に教えることが出来ないでいる日本の歴史教育を思いだしてもらいたい。ふたつめ、諸外国でここまでの教育ができている国があるなら教えてもらいたい。たとえば、外国で日本人が(日本人学校ではなく)現地の公教育を受けたとき 日本の精神文化を教えてくれるだろうか? 日本の神道(伊勢・出雲・各地の氏神樣・靖国などの神社や神話etc)や仏教(念仏、禅etc)などの宗教、武士道などの道徳を外国の公的教育機関で教育されることを期待するだろうか。
例えば中国の公的教育機関に通う日本人の児童がいたら、どんな教育を受けるだろうか。イスラム原理主義の国で多神教をどのように教えるだろうか。

公明党さん、あなたが理想を追及していることはわかった。その理想を実現するために、まずは「日本国で生活している日本人の児童が受ける教育において『児童の居住国及び出身国の国民的価値観の尊重』」をお願いしたい。

|

« 中途半端でもいいじゃないか | トップページ | ニューズウィークさん、国家って何か判ってる? »

コメント

 公明党は小泉首相の靖国参拝に反対している。もともと反対なのは、仏教政党としての神道への反発だから、理解はできる。今回の理由は、外交的ご都合主義だ。対中外交のさまたげになるから、靖国なんかやめてしまえという外交政策を提言している。
 これって、その提言と矛盾していますよねえ。日本人の有権者には「中国の意向を尊重して、国民的価値観を廃棄しろ」といいながら教育基本法では「在留外国人子弟への出身国の国民的価値観の尊重教育」というのですか。こういう嘘をつくと、閻魔さんに舌べらを抜かれるという教育基本法を提言しましょうか。

投稿: 罵愚 | 2005年6月 1日 (水) 05時18分

罵愚さん、コメントありがとう御座います。罵愚さんのような力のはいった文章は まだまだ書けませんが、また「乱読雑記」にきてください。よろしく!

投稿: 乱読雑記の信 | 2005年6月 1日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/4359579

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はお行儀がよすぎる:

« 中途半端でもいいじゃないか | トップページ | ニューズウィークさん、国家って何か判ってる? »