« 「静かに語れ歴史教育」荒木肇 | トップページ | 「現代史の中で考える」高坂正堯 著 »

2005年5月19日 (木)

「一日江戸人」杉浦日向子

「一日江戸人」杉浦日向子
ISBN4-09-402361-5

これは、歴史の本じゃないよな〜。でも歴史に興味のあるひとは是非よんでもらいたい。小難しい歴史書じゃないけれども、私の歴史観に大きな影響を与えた本だから。

著者の杉浦日向子氏は江戸研究家で漫画家。江戸時代人(江戸人)の日々の生活が楽しく描かれている。江戸時代の豊かさを満喫しよう。「江戸時代=封建社会=息苦しくで貧しい生活」という固定観念を持っているひとは是非読むべし。日本の豊かさは江戸時代には始まっていたのだ。江戸時代の文化、浮世絵・歌舞伎・落語・お祭り・細工物・和服、は町民・庶民の作りあげたものだ。こんなすばらしいものを作りあげた人達が豊かでないはずがない。

|

« 「静かに語れ歴史教育」荒木肇 | トップページ | 「現代史の中で考える」高坂正堯 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/4187474

この記事へのトラックバック一覧です: 「一日江戸人」杉浦日向子:

« 「静かに語れ歴史教育」荒木肇 | トップページ | 「現代史の中で考える」高坂正堯 著 »