« 大人の論理・子供の眼 | トップページ | さぁ本番だ »

2005年10月26日 (水)

1945年以後のハンセン病

1945年以後のハンセン病

「台湾」勝訴、「韓国」敗訴 ハンセン病訴訟
http://www.sankei.co.jp/news/evening/26iti003.htm

1945年以後、台湾・韓国でのハンセン病対策はどうだったんだろう。日本とおなじようなレベルの対応だったのだろうか。それとも、優れた対応をしていたのだろうか?

どちらにしても1945年以後については日本には責任能力がないように思える。差別と人権侵害のキッカケを作ったことに対して(当時の医学や倫理について考慮すべきだけれども)日本に責任がないとは言えないだろう。しかし、その後の60年についての責任は台湾・韓国両政府にあると思う。

3ヵ国の政府が共同して責任を負うべきではないか。

|

« 大人の論理・子供の眼 | トップページ | さぁ本番だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/6585098

この記事へのトラックバック一覧です: 1945年以後のハンセン病:

« 大人の論理・子供の眼 | トップページ | さぁ本番だ »