« こころの問題 | トップページ | 納税者として投票するんじゃない »

2005年10月21日 (金)

やっぱり大っきなロケットが欲しいよう

やっぱり大っきなロケットが欲しいよう

「中国と対決しない日本の大人な行動」ジェームス・ワグナー
ニューズウィーク日本版 2005/10/26

中国が再びやった。今週予定されている宇宙船「神舟6号」の帰還が実現すれば、中国は有人宇宙飛行に成功した国だけが入れる「会員制クラブ」の入会資格があると、2度目の証明をすることになる。
(略)
一方、宇宙と政治がからみあっている中国はどうだろう。日本が小惑星探査機「はやぶさ」のように魅惑的な最先端の科学プロジェクトを追究できるのに対し、中国の開発プロジェクトはプロパガンダの役割を課せられている。
(略)
宇宙の直接対決を避けた日本の決断を、国威喪失だとか、アメリカの「子分」に甘んじている証拠だと批判する人もいるだろう。しかし私にはとても正気に思える。

確かにね、ワーグナーさん、貴方は正しい。現在の状況では日本が有人宇宙船を開発・建造する合理的な理由はないように思えるよ。将来どうなるか不透明な部分があるけど、アメリカのスペースシャトルが利用できる限り、独自の有人宇宙船を持つ理由はないねぇ。

だけどね、やっぱり大っきな宇宙船がほしいよう〜

って思っちゃダメ?




でも、偵察衛星では張り合えよ。実用品なんだから。

|

« こころの問題 | トップページ | 納税者として投票するんじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/6493366

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり大っきなロケットが欲しいよう:

« こころの問題 | トップページ | 納税者として投票するんじゃない »