« 「自分勝手であることを宣言します」 | トップページ | がんばれ、はやぶさ »

2005年11月23日 (水)

左翼の人の国家観〜国民と国家の関係

左翼の人の国家観〜国民と国家の関係

今朝、出勤途中で演説を聞いた。多分左翼(共産党?)の人だと思う。

印象に残った部分を記憶で書く。

小泉純一郎という人は頭がおかしいんじゃないか  あんな人が首相をやっていたら日本が駄目になる  国民の生活にも影響がでるかも知れない

第一印象は小泉首相のことではなく「『日本国』と『日本国民の生活』が相互に独立している思っているんだな」と言うことでした。日本が駄目になった時に国民の生活がまともであるハズがないのですが...と思う私が間違っているのでしょうか?

このへんが私と左翼の方々の違いというか、私が左翼の政党に投票できない理由であろうと思います。

国民と国家が対立していると、何故左翼の方々は思うのでしょうか。もちろん、国家の権力をにぎった人々と個々の国民が対立することはあるでしょう。しかし、国民と国家の関係は断絶ではなく地続きだと思うのですよ。

|

« 「自分勝手であることを宣言します」 | トップページ | がんばれ、はやぶさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/7272165

この記事へのトラックバック一覧です: 左翼の人の国家観〜国民と国家の関係:

« 「自分勝手であることを宣言します」 | トップページ | がんばれ、はやぶさ »