« 東京裁判とフセイン元大統領 | トップページ | フランスが中国のまねするなよ »

2005年11月 5日 (土)

快楽中枢を人工的に刺激するということ

快楽中枢を人工的に刺激するということ

NHK スペシャル(2005/11/05 21:00〜)
立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変る
http://www.nhk.or.jp/special/
(リンクはすぐ切れるかも)

身体の一部を機械に置き換え、脳が機械と直接つながったシステム・サイボーグ。SFの世界の話だと思われていたサイボーグが今、現実のものになろうとしている。
そして今、サイボーグを実現可能にする技術として最も注目を集めるのが、脳の情報を利用する技術・神経工学だ。

NHK スペシャルで 日米の「サイボーグ技術」について放送していた。NHK(と立花隆)的には、

聴力・視覚を格段に向上させるなど、不死身のサイボーグ兵士を作る研究が進む。そして、ついに脳とコンピューターを直結し、考えただけで全ての機械、つまり兵器を動かす研究を実用化しようとしている。

と、軍事利用(というか元々DARPA)を懸念しているようだが、自分としては、ロボットラットが気になった。番組中の説明では「脳に電極を刺し、左右のヒゲの感覚部分を刺激し、刺激された方向にに進むと快楽中枢を刺激し、報酬をあたえる」ことで、ネズミをコントロールしていた。

この技術の軍事利用よりも「快楽中枢を人工的に刺激する」ことの方が人類の未来にとって危険ではないか。

|

« 東京裁判とフセイン元大統領 | トップページ | フランスが中国のまねするなよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/6916224

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽中枢を人工的に刺激するということ:

« 東京裁判とフセイン元大統領 | トップページ | フランスが中国のまねするなよ »