« 「世界がさばく東京裁判」まとめ〜のようなもの | トップページ | 白燐弾 »

2005年11月19日 (土)

プロとしてやっちゃいかんでしょう

プロとしてやっちゃいかんでしょう

耐震計算、偽造認める 建築士「仕事増やしたくて」
http://www.asahi.com/national/update/1118/TKY200511180220.html

構造計算書を偽造していたとされる姉歯建築設計事務所の姉歯建築士は18日朝、自宅前で取材に応じ、「仕事を増やしたくて始めた。増え出してからは逆にこなしていくために続けてしまった。仕事をこなすことを優先してしまった」などと語り、偽造をしていたことを認めた。

耐震計算書偽造:姉歯1級建築士と一問一答
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051119k0000m040126000c.html

−−初めて改ざんした時期と理由は。

02年。仕事を抱え込んだのが大きな要因。バブル崩壊後、「早くて低コスト」という業界の雰囲気はプレッシャーだった。改ざんすると約1週間の時間短縮になる。

仕事が欲しくても、お客からプレッシャーがあっても、やっちゃいけないことでしょう、プロとして。専門職には、プロとして職人としての矜持と責任がある。こんなふうに仕事をごまかすぐらいなら、廃業しなさい。建築士を廃業してパートでもアルバイトでもしなさい、仕事をごまかすぐらいなら。あなたより立派なバイトやパートの人がいくらでもいます。

私も一応「専門職」として働いている。専門職はその技量で飯を喰っている。私の技術が世の中から必要とされなくなったら、私は失業する。そういうことだ。もし、私がそうなったら(競争に負けて仕事がなくなったら)、家族を養うためになりふりかまわず どんな仕事でもやるだろうけど、こういった「仕事をごまかす」ことだけはやりたくない。

|

« 「世界がさばく東京裁判」まとめ〜のようなもの | トップページ | 白燐弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/7189614

この記事へのトラックバック一覧です: プロとしてやっちゃいかんでしょう:

» 取引の 相手はしっかり 選ばねば [日経を読むと世界が読める]
 『都内ホテル営業を中止』の見出し。 『千葉県市川市の姉歯建築設計事務所による構造計算書偽造問題で、東京都中央区日本橋茅場町のビジネスホテル「京王プレッソイン茅場町」は18日、耐震性の安全が確認できるまで営業を中止することを決めた』というもの。このホテルは、 『... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 08時44分

« 「世界がさばく東京裁判」まとめ〜のようなもの | トップページ | 白燐弾 »