« 軍事知識を身につけよう〜追記 | トップページ | 注意信号 »

2006年1月21日 (土)

隠された教科書問題

隠された教科書問題

「新編 新しい国語」東京書籍
中学校国語科用 文部科学省検定教科書

中学2年用の国語の教科書である。読む機会があった。

国語の教科書だから、当然ながら小説や詩が載っている。問題だと感じたのは「半分のふるさと イ・サンクム」である。この短編小説は、日本に来た朝鮮人の子供(つまり在日朝鮮人2世)の物語なである(まず日本の国語の教科書で朝鮮文学について取り上げる理由がわからない)。問題なのは、主人公のオモニの話として日本の朝鮮半島支配の非道さを〜政治家の演説のように〜書かれているところだ。

少し引用する。

「昔、朝鮮は立派な国だった。日本の人に、学問を教えて上げるほどりっぱな国だったんだよ。そのうち、日本はあんまり力が強くなって欲を出し始めた。支那は、もと清国というたが、日本は清国と戦争をして勝ったんよ。その次、ロシアと戦争して、また勝った。朝鮮は、ちょうど真ん中に挟まれて、この戦争でずいぶん迷惑したんよ。日本は、その勢いで、とうとう朝鮮を自分の国にしてしもうた。朝鮮人は、もちろん反対した。日本の警察や兵隊が、文句言う朝鮮人は、みんな捕まえた。たくさんの人が、牢屋に入れられたり、財産取られたり、拷問にかけられてけがをしたり、死んだりした。」
P206〜P207

もし、これが社会の教科書であれば大騒ぎになっているに違いない内容だ。これは「政治的文書の読み解きかた」といったテーマなら別だが、日本の国語の教材として適切とはとても思えない。

国語能力を鍛えたいのか政治的言説を読ませたいのか疑問に思ってしまう。

   *   *   *

もし、近くに公立図書館があれば行ってみてもらいたい。公立の図書館には、その地区の小学校や中学校で使用している教科書が置いてあることが多い。そして教科書を読んでみるべきだ。

私は「歴史教科書」は読んだことがあったが「国語」を読んだことはなかった。次の機会には、国語など社会科以外の教科書も手に取ってみようと思う。

   *   *   *

教科書問題は「歴史」だけではない。
地元の国会議員にメールをしてみるかな(返事がこないんだよな〜、掲示板もないし)。

訂正:(2006/11/20 01:17)
            正:「新編 新しい国語」東京書籍
            誤: 「新しい国語」東京出版
      
         百式樣、ご指摘ありがとうございました。

東京書籍および、東京出版の方、この記事をお読みになった方にはお詫び申しあげます。

|

« 軍事知識を身につけよう〜追記 | トップページ | 注意信号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/8254563

この記事へのトラックバック一覧です: 隠された教科書問題:

« 軍事知識を身につけよう〜追記 | トップページ | 注意信号 »