« 注意信号 | トップページ | 人のにせいにする前に »

2006年1月23日 (月)

メールは削除できない?-

メールは削除できない?

捜索時、メールの一部消した形跡 ライブドア事件

http://www.asahi.com/national/update/0119/TKY200601190266.html

しかし、幹部間のメールの一部が消された形跡があったという。特捜部は今後、押収した大量のメールの分析を進める一方、サーバーやパソコンに残ったデータから削除メールの復元も試みる方針だ。

勤務先のメールサーバの管理者に聞いてみた。「こんな場合メールサーバから復活できるの?」って。答えは「かなりの確率で復活できる」だった。

以下、会話(記憶だけど)

  • 信:「ねぇ、ライブドア事件でメールを削除したけど『サーバーやパソコンに残ったデータから削除メールの復元』っていってるじゃない。削除したメールって復活できるの」

  • 管:「復活できると思うよ。だってウチの場合、『大事なメール消しちゃった、なんとかならない』って言ってくるひといるんだよ、特にえらい人。だから、メールは復活できるようにしてあるんだよ、ウチのサーバ」

  • 信:「へー、私は消しちゃったメールは諦めてるけど」

  • 管:「お行儀のいい人は言ってこない、いって来るのは***取締役みたいなひと」

  • 信:「へぇ〜」

  • 官:「それにさ、情報漏洩が起きた場合にメールの内容や送信履歴が検査できないと困るじゃん。それもあってウチのメールサーバを通過するメールはすべて記録してある。ライブドアがどうだか判らないけど、ある程度の規模の会社はウチと同じようにバックアップがあると思うよ。」

  • 信:「ふーん、じゃぁライブドアの場合もメールが復元出来るんだ。」

  • 管:「うん、復元できる可能性が高いと思う」

  • 信:「ところでさ、私も、メールの復元お願いしていい?」

  • 管:「え〜ぇ、めんどくさいよぉ〜、仕事上どうしてもって時は良いけどぉ〜。バックアップは***(バックアップ・データの保管を依頼している業者の倉庫)にあったりするんだよ。」

  • 信:「ところで、これBLOGに書いてもかまわない?」

  • 管:「まぁ、社名がでなくて、一般的な内容ってことにしてくれれば、いいけど。ウチが特別って訳でもないし」

あと「アメリカのイラン・コントラ事件でもユーザのパソコンにあったメールは削除したけどサーバのバックアップ(安全のために複数取りしかも別な場所に保存してあったらしい)から復活した」こともあるらしい。

メールに限らず証拠を「完全に削除することは難しいよね」「誠実と正直が最強の戦略」という結論になったのでした。

|

« 注意信号 | トップページ | 人のにせいにする前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/8292915

この記事へのトラックバック一覧です: メールは削除できない?-:

« 注意信号 | トップページ | 人のにせいにする前に »