« 自己実現のなれのはて | トップページ | 守るべき言論の自由とは »

2006年2月18日 (土)

国連事務総長の余得

国連事務総長の余得

【国連事務総長選】盧大統領「潘長官落選したら…」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/02/17/20060217000012.html

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が16日、在外公館長夫妻を大統領府に招いた夕食会に出席した。

盧大統領は潘基文(パン・キムン)外交通商部長官の国連事務総長出馬について「みなさんの長官を国際機構の重責に当選させれば外交部は大きな功績をあげることになり、失敗すればみなさんも余得に預かることはないと思ってください」と話した。

うーん、こうもあからさまに言ってくれると、かえって気持ちよい。「失敗すればみなさんも余得に預かることはない」...ところでどんな「余得」ですか。

日本語と韓国語のニュアンスの違いがあるのかもしれないけれど、私は「余得」という言葉に良いイメージを持っていない。そして、国連事務総長は周囲の人間に利権や余得を与えるべきではないと思う。

それとも国連は事務総長が利権をばらまいたり、特定の国の国益を計る組織なのだろうか? もしそうなら潘長官に感謝しなければならない、国連の現実を暴いてくれたことで。

|

« 自己実現のなれのはて | トップページ | 守るべき言論の自由とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/8711716

この記事へのトラックバック一覧です: 国連事務総長の余得:

» 国連事務総長選挙 [BBの独り言]
しばらく出張のためブログの更新が出来ませんでしたが、再び再開します。国連の事務総長選がもうすぐあるようで、順番からいくと次はアジアから選ばれる確率が高いそうです。アジアといえば、このような場が大好きなあの国が黙っている訳がありません。早速、やってきました....... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 16時29分

« 自己実現のなれのはて | トップページ | 守るべき言論の自由とは »