« 祝! 小池さん復活 | トップページ | 日本の覚悟が試されている »

2006年4月20日 (木)

死刑

死刑

日刊スポーツ:光市母子殺害結審、死刑以外納得できない
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060418-20701.html

山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ1、2審判決で無期懲役を言い渡された男性被告(25=事件当時少年)の上告審弁論が18日、最高裁第3小法廷で開かれ、弁護人の安田好弘弁護士らは「1、2審が『冷酷で執拗(しつよう)』とした殺害状況の事実認定は誤っている」と述べた。その上で裁判の続行を求めたが、浜田邦夫裁判長は認めず、結審した。

被害者の遺族の発言から引用します、同じ記事からです。

また「被告は死刑の可能性を感じ、初めて真剣になったのだろう。自分の命が奪われるかもしれない恐怖を通じ、犯した罪の重さを知ってほしい」とも述べた。

TVで記者会見の様子を流していました。記憶で書きますが「被告や弁護人は最高裁で弁論が開かれると決まってから真剣になった。死刑になる可能性が出てから真剣になった。一審、二審は真剣ではなかった」と述べていました。

「初めて真剣になった」という言葉に犯人の甘えと不幸を感じました。けれども「正当な理由なく他人の生命を意識的に奪った」人間は死刑になっても仕方がないと思いますし、少なくとも自分が死刑になるかもしれないと言う恐怖を味わうべきであると思います。

   *     *     *

「少年だから死刑にならない」に限らず「〜だから死刑にならない」と言うのは過去のものとすべきです。

BlogRanking (クリックしてくれると元気が出ます)

|

« 祝! 小池さん復活 | トップページ | 日本の覚悟が試されている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/9674802

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑:

» ■山口光市母子殺人事件で浮かび上がる死刑廃止論者の実態 [はずれ刑事慎重派パート3]
---読売06/04/17記事引用---山口県光市の本村洋さん(30)宅で1999年、妻弥生さん(当時23歳)と長女夕夏ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人罪などに問 [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 01時42分

« 祝! 小池さん復活 | トップページ | 日本の覚悟が試されている »