« 国家と国民と個人 | トップページ | 上下関係でなく »

2006年8月 2日 (水)

ファミリードラマ

ファミリードラマ

読売新聞:2008年のNHK大河ドラマは幕末舞台の「篤姫」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060801i313.htm?from=main3

NHKは1日、2008年放送の大河ドラマとして、「篤姫(あつひめ)」を制作すると発表した。

原作は、宮尾登美子さんの歴史小説「天璋(てんしょう)院篤姫」。徳川13代将軍・家定の正室、篤姫が幕末の動乱の中、力強く生き抜く姿を描く。

別に篤姫を貶すわけじゃないけど、「大河ドラマ」ではなくて「ファミリードラマ」のように感じる。

NHKの大河ドラマを見なくなって数年が過ぎた。

私は、骨太の歴史ドラマが見たい。例えば「古事記」や「日本書記」の日本誕生に関わる時代のドラマ、聖徳太子を主人公にしたドラマ。あるいは、杉田玄白の「蘭学事始め」を題材にしたりして江戸時代の文化の薫りの漂うドラマ。伊能忠敬や平賀源内も見たいぞ。

今まで見た大河ドラマで一番面白かったのは「花神」だね。主人公の大村益次郎の変人ぶりがとっても良かった。技術者(スペシャリスト)が理想にすべき人間だと思った、大村益次郎って。

あんなドラマを作ってくれるなら、子供からチャンネル権を奪って(動物奇想天外じゃなくて)大河ドラマを視るんだけどなぁ。

NHKさん、骨太の受信料の払いがいのある大河ドラマをお願いします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国家と国民と個人 | トップページ | 上下関係でなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/11192904

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリードラマ:

« 国家と国民と個人 | トップページ | 上下関係でなく »