« 公教育に政府の介入は必然であり当然だ | トップページ | アメリカを味方にする為に »

2006年11月23日 (木)

日本のメディアの能力

日本のメディアの能力

中央日報:WSJ「6カ国協議のカギは日本が握っている」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=81993&servcode=500&sectcode=500

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が再開されれば、協議の成敗を決めるカギは日本が握っていると、ランド研究所の国際経済研究員チャールズ・ウルフ氏が21日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)への寄稿で主張した。

ウルフ氏は、中国と韓国が北朝鮮を動かせる国として認識されているが、日本も大きな影響力を行使でき、その力は在日北朝鮮同胞の送金を認めるかどうかという点から出てくる、と指摘した。

ウルフ氏は、日本国内で人気があるパチンコが成人の大衆娯楽として定着しているが、韓国人がこの業界のおよそ4分の1を掌握しており、ここから出てくる収益金のうち毎年2億ドル余が北朝鮮に送金されていると推定される、と明らかにした。

ネットではパチンコ業界と北朝鮮との継りは語られてきました。しかし、日本のマスコミでは「パチンコ業界と北朝鮮の継り」「パチンコ業界からの北朝鮮へ送金されている」と報道されることは殆どありません。

さらに疑問に感じるのは、北朝鮮に対する制裁についての報道の中で見た覚えが無いことです。

何故、パチンコ業界から送金を止めることが、効果的な制裁であることを、「アメリカの新聞の記事」で知らなければならないのでしょうか。しかも、外国メディア(韓国)の日本語版のWebを経由してですよ。

日本のメディアは何をしているんでしょうか。自分達の足元で起きているのに、海外のメディアに先を越されて口惜しくないんでしょうか。

     *      *      *

いい時代になったもので、日本のマスコミが報道できない/しないことでも、海外のメディアとネットが知らせてくれます。

でも日本のマスコミには頑張って欲しい、なんせ「日本で起きていること」なんですからね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 公教育に政府の介入は必然であり当然だ | トップページ | アメリカを味方にする為に »

コメント

こんにちは。それからシナの侵略も報じません。TBさせていただきます。

投稿: 蓮 | 2006年11月23日 (木) 13時16分

こんにちは。
日本の電波メディアは特にダメですね。
組織的に抗議してくる圧力団体に辟易している面や、パチンコ業界のCM収入がなくなってしまうことを恐れているのでしょう。
これからはネットですよ。しかもこういうブログの世界が牽引していくことになると思いますね。

投稿: ナルト | 2006年11月23日 (木) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のメディアの能力:

» 東トルキスタン侵略に加担する日本財団 [ド素人が行く!!]
※警告 シナ畜が東トルキスタン人を拷問する写真がでてきます。心の準備をしてください。 日本罪団は中共新疆大学にも奨学金を寄与しています。 関連エントリ: これは切腹もの。(日本財団会長笹川陽平ブログにTBを送ろう) 2006/11/18 日本罪団笹川陽平言論弾圧団長、国民の抗議を華麗にスルー 2006/11/21 日本罪団笹川言論弾圧団長は何も言わずにこれを見ろ。↓ Eastern Turkistan East Turkistan 何じゃこりゃあ、漢民族ばっかりじゃないか。↓ 新疆农业大学2006年... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 13時19分

» 【過去】誤報・捏造・情報操作…メディアは本当に厄介です [ぼやきくっくり]
 くっくり@休業中です 先日お知らせしましたように、当分の間、過去記事UP&時々新規ツッコミでつないで行きます。 記事中のリンク先は既に消滅しているものもありますが、ご容赦下さい。 過去記事紹介の前に...... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 14時55分

» ブログの役割 [東洋の魔笛]
昨日、民主党の近藤昭一衆議院議員による朝鮮総連関連団体への便宜供与の実態が明るみに出て、政治ランキング上の多くのブログ、クライン孝子氏までこの問題を取り上げられた。 特に、ランキングTOPの 「極右評論」 瀬戸氏は、積極的にこの問題を扱われて、同実態のネットへの普及に寄与された。 私はそもそも、毎日新聞の佐賀支局の在日朝鮮人記者による「天皇皇后両陛下侮辱事件」を契機に、ブログを始めた者である。 ネットによるマスコミの監視(ブログの役割1) これを確立するために微力ながらできることをしてみようと思った... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 15時56分

» 【過去】在日パチンコ王の激動人生「ワイスク」 [ぼやきくっくり]
 くっくり@休業中です 過去記事紹介&時々新規ツッコミでつないでいます。 過去記事中のリンクは既に消滅しているものもありますが、ご容赦下さい。 今回は珍しく新規ツッコミ多いです。 昨夜パソコンに向か...... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 14時07分

« 公教育に政府の介入は必然であり当然だ | トップページ | アメリカを味方にする為に »