« 審議拒否は選挙に有利か | トップページ | 審議拒否 »

2007年2月 3日 (土)

差別でなく戦争です

差別でなく戦争です

毎日新聞:コンパス:仮の話を一つ… /滋賀
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shiga/news/20070203ddlk25070384000c.html

仮の話を一つ。あなたがある私立学校の保護者だとする。その学校を運営する法人の関連団体の役員が、学校の駐車場に車庫登録しながら実際は車を置いていない「車庫飛ばし」をした。するとある日警察がこの捜査のためにやって来て学校を家宅捜索し、生徒や保護者の名簿を押収していった。どう思います? 「警察はやり過ぎだ」と思うのでは……。

滋賀朝鮮初級学校で先日起こった出来事はほぼこの通り。虚偽の車両移転登録をしたなどとして朝鮮総連の支部委員長らを逮捕した事件に伴い、大阪府警が行った捜索の様子だ。私は今回のことは教育機関に対する過剰な捜査だと思う。「朝鮮学校なら仕方ない」と思うなら、差別だ。北朝鮮情勢を背景にした「時流」に押され、目を曇らせてはならない。

私は「やりすぎだ」とも「差別だ」とも思いません。

何故なら、日本と北朝鮮は「武器を交えない戦争」を行っていると思うからです。

北朝鮮は日本の国民を誘拐し未だに解放していません。国民の保護は国家の最も重要な責務です。もし日本が憲法9条によって縛られていなければ、実際に砲火を交えていたでしょう(私は憲法9条の有無にかかわらず、日本は実力行使(武力)を行ってでも拉致被害者を取り戻すべきである、と思います。実施するか否かの判断は、成功確率によって判断すべき)。

      *      *      *

「戦争」であるならば「法の許す限りの事を行って勝利を得るべき」です(日本にとっての勝利とは「拉致被害者の奪還」です)。

朝鮮初級学校は朝鮮総連の関連団体です。朝鮮総連は北朝鮮の出先機関。ならば朝鮮初級学校も北朝鮮の出先機関として、「武器を交えない戦争」の対象になるのです。

朝鮮初級学校への強制捜査は「差別」ではなく「合法的な戦争行為の一部」ではないでしょうか。

      *      *      *

蛇足だけど、あえて書く。

「戦争は国家が行うもの」で「正当な指揮命令の下で行動しなければならない」し「法律で許されたことだけを行う事が出来る」のです。

一般人が勝手に(独自の判断で)で出来ることではありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 審議拒否は選挙に有利か | トップページ | 審議拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/13774005

この記事へのトラックバック一覧です: 差別でなく戦争です:

» 触法行為と教育機関:毎日新聞記事への突っ込み [思考と習作]
リンク:コンパス:仮の話を一つ… /滋賀:MSN毎日インタラクティブ リンクに対する突っ込み:乱読雑記: 差別でなく戦争です 乱読雑記さんのブログで毎日新聞の記事に対して突っ込みを入れていたので、少し角度を変えて他の突っ込みを入れてみた。 Technorati Tags: 毎日新聞... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 01時12分

« 審議拒否は選挙に有利か | トップページ | 審議拒否 »