« 日本を孤立させる福田首相 | トップページ | 中国世論? »

2008年6月25日 (水)

外見じゃなけれれば何だろう?

外見じゃなけれれば何だろう?

47NEWS:「外国人標的警備は差別」  准教授が北海道警に抗議
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008062501000609.html

抗議文などによると、有道さんは19日午後、新千歳空港で外国人を対象とした職務質問を受けた、と主張。ほかの空港やフェリー乗り場などでも同様の警備が行われており「警察官の仕事は評価するしテロ警戒も必要だが、外見や人種で差別する形での職務質問は過剰警備だ」としている。道警は要請文として文書を受け取ったという。

外見で職務質問したり疑ったりすることは問題なんだろか?

警察官も人間だから、他人の心の内側を覗ける訳がない。外見以外の判断材料は存在しない。

問題は「疑いに合理性があるか」という話と、最終的な判断(裁判)において確実な証拠に基づいて判断されているかと言うこと。

       *      *      *

「いかにも怪しそうな外見の人」を、そのまま放っておく訳にはいかないよね。問題は警察が「本当に犯罪を行う可能性の高い外見」と「世間は怪しいと思っているけど、実際には犯罪を行わない外見」きちんと区別できているかどうか、と言うことだよね。

       *      *      *

この場合で言うと、「日本人の中でのテロリストの割合(可能性)」と「日本にいる外国人の中でのテロリストの割合(可能性)」の何方が高いのか、と言うこと。「日本にいる外国人の中でのテロリストの割合(可能性)」の方が多いなら、外国人を重点的に監視することには合理性があることになる。

警察が「外国人が危険であることの根拠」を提示出来れば全く問題がない。国籍別・人種別の犯罪率やテロリストの割合を公開し、「ゆえに○○人らしい外見の人に職務質問します」と言えば良いのではないか。

       *      *      *

外見で疑ったりすることは良くないのは正しいかもしれなけど、(人間である以上)外見以外の判断材料がないのも現実なんだよね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本を孤立させる福田首相 | トップページ | 中国世論? »

コメント

この教授は素直に警備中の警察官に協力して、怪しい者ではないことを証明すれば短時間で確認されただろうに、たぶんゴネにゴネて係官の手を何時間も煩わせたんだろうね。おまけに抗議文ですか。まるで警備を雑にして犯罪が起きやすいように したがってるとしか 私には思えませんが?

投稿: 福田は売日 | 2008年6月26日 (木) 00時50分

犯罪者やこれから犯罪を犯そうとしている人間が一目で分かれば職務質問なんか要らないですよね。
それが出来ないから、外国人に対しても例外無く職務質問するのは至極当然の事と思います。
もし外国人を理由に職務質問を回避出来る事になれば、新たな特権の誕生となり、外国人犯罪の増加に繋がる事は容易に想像できます。

ところでこの有道という帰化人は外国人差別が嫌なら、酷い外国人差別があると主張する日本になんかわざわざ帰化しなけりゃ良かったのにと思います。
こういう我が侭な主張をされると、自分は(帰化)日本人なのに外見で判断される、差別だ!と叫び、糾弾し、自らの独りよがりの正義感に酔いたい人権ジャンキーのように見えてしまいます。

洞爺湖サミットはこの手の人権活動家にとって、便乗して売名するにはもってこいのイベントなのかもしれませんね。

投稿: ノースマン | 2008年6月26日 (木) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/41648137

この記事へのトラックバック一覧です: 外見じゃなけれれば何だろう?:

« 日本を孤立させる福田首相 | トップページ | 中国世論? »