« 定額給付金を制度化しよう | トップページ | 政府高官って誰?見えない敵? »

2009年3月 6日 (金)

行こう、月へ

行こう、月へ

47NEWS:2030年に有人月探査  政府の宇宙開発構想
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030601000728.html

政府の宇宙開発戦略本部(本部長・麻生太郎首相)事務局は6日、2020年までにロボットを、30年までに人間を月面に送る有人宇宙開発構想を有識者による専門調査会に初めて提案した。日本が得意とするロボット技術を生かす、現実性がある提案だと説明している。

行こう月へ。

そして閉塞感を打破しよう。

選ばれた(エリートでもある)宇宙飛行士が月へ行くことは、わたし自身の生活には影響を与えないかもしれない。しかし、人間が宇宙に出るということには言い知れない高揚感がある。

当然、経済的負担もある。しかし、宇宙に進出できるか出来ないか、国家百年の計どころではない結果をもたらす可能性がある。

月へ行くべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 定額給付金を制度化しよう | トップページ | 政府高官って誰?見えない敵? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/44264105

この記事へのトラックバック一覧です: 行こう、月へ:

« 定額給付金を制度化しよう | トップページ | 政府高官って誰?見えない敵? »