« 迷惑なんだよっ | トップページ | 嘘と向き合うとき »

2009年4月 7日 (火)

NHKの情緒的非難の影に真実が垣間見える?

NHKの情緒的非難の影に真実が垣間見える?

NHK: NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」
http://www.nhk.or.jp/japan/program/prg_090405_2.html
2009年4月5日(日)午後9時〜10時13分

1895(明治28)年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を割譲され、初の植民地統治を始める。英のインド統治やフランスのアルジェリア統治にならい、植民地をもつことで“一等国”をめざした日本。1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会では、台湾のパイワン族を“展示”し、統治の成功を世界に誇示する。日本は「格差と同化」という矛盾した台湾統治を続け、1930年代後半からは「皇民化運動」で日本文化を強制する。

半世紀におよぶ統治はどのように変遷していったのか。2万6千冊におよぶ『台湾総督府文書』、近年発見されたフィルム、欧米に埋もれていた文書などを手がかりに近代日本とアジアの関わりの原点を探っていく。

録画しておいたものを見た。まとまらないので雑記風に。

   *        *        *

私はこの番組を評価出来ない。あまりに演出が情緒的に過ぎるからだ。BGMなどの使いかたで同じ事実を伝えても印象はずいぶん変わる。もっと淡々と事実を伝えた方が良いのではないか。

   *        *        *

ただ、いくらBGMで演出(≒印象操作?)を頑張っていても、報道の良心からなのか、検閲の不足なのかは判らないが、良く考えると日本が悪いと言い切れない事が判るような場面もある。

例えば、日英展覧会の「人間の展示」の場面だ。

番組では、日本は非人道的に台湾の人々を英国につれて行き見世物にしたと非難している。しかし、「人間の展示は」は当時の欧米の先進国では良く行われていたことであり、その事にも触れている。

ようするに日本は、当時の世界標準(世界の常識)に従った行動をしていたに過ぎないのだ。当時の日本を非難するなら、当時の先進国の全てを非難しなければならなくなるだろう。

   *        *        *

ところで、先住民族や少数民族を紹介したTV番組を見かけることがある。あれは「人間の展示」だろうか?

現代のマスコミは戦前の日本や英国などと同じような事を行っているのか?

   *        *        *

日本の台湾統治は(完璧ではないかもしれないが)上手くいっていた。台湾が親日的であることは、その後の中国人による統治よりも日本の統治が上手くいっていた(現地の人々を幸せにした)ことを示している。日本の統治に不満があり、日本の統治が終わったあとの支配者(国民党政権)の統治が良いものであれば、親日的にはならないだろうから。

   *        *        *

日本人として忘れてはいけない言葉を、番組の終わり頃(番組が始まって1時間10分頃)にあった台湾人のお年寄からあった。

書き起こします。

みなしごになって捨てられたみたいですよ。人をばかにしているんだ日本は。まちがっているか?本当のことだろう?うそじゃない。

日本の若い連中にはわからないけど、としよりの80歳以上の人に宣伝してください。

台湾の当時の若い青年は いかに日本の民と協力して尽くしたか。心を察してもらいたい。わかりますか。命をかけて国の為に尽くしたんだよ。

それなのに。

日本はポツダム宣言を受け入れ敗戦した。台湾を放棄せざるを得なかった。それまで同化政策を行い日本人として育ててきた人々を、棄てざるを得なかった。この台湾人の方がおっしゃるように、台湾の人々が「みなしごになって捨てられた」と感じたとしても当然の事ではないだろうか。

日本人にとっては「しかたなく放棄」であっても、台湾人にとっては「棄てられた、いっしょに戦ったのに最後に見捨てられた」のだ。

この事について、私には台湾人に返す言葉がありません。ただただ「申し訳ない」と言うしかありません。決してばかにしているのではありません、日本には力がなかったのです、と言うしかありません。

   *        *        *

日本が台湾を統治し続けていれば、その後の国民党政府による弾圧や流血はなかったし、台湾人は李登輝の出現を待つこと無く民主政治を獲得したでしょう。日本が台湾を放棄したことは、台湾人に多大な苦痛を与える結果になったのです。

親日的な台湾であるからこそ、日本は護り続けることが出来なかった事を忘れてはならないのではないでしょうか。

   *        *        *

最後に、評価のわかれることを伝えるときに情緒的なBGMを使って「気分を盛り上げて」、製作者の態度や価値観を表現するような番組は評価できないと思ったことを記しておきます。

過剰なBGM無しに放送してもらいたいものです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 迷惑なんだよっ | トップページ | 嘘と向き合うとき »

コメント

よくも、まあ、あれだけレア・ケースの人々を探し出してきて、天下のNHKが全国に紹介したもんだよネ。

台湾の人たちの何%が、反日的であるのか、私は聞いてみたいよ。

あんな偏向した番組を作るNHKならば、今まできちんと払ってきた料金も払いたくない気分だね。

本当にヒドイ番組だ。

投稿: ノワール黒田 | 2009年4月 7日 (火) 23時31分

妖怪屋敷のようなBGMは酷いでしょう。
あと、会話の恣意的編集や途中でのカット、出演者への悪質な誘導質問等が疑われます。

投稿: 第四権力 | 2009年4月 8日 (水) 06時45分

NHKに歴史ものを報道する能力は無いようです。この件は私は見て居りませんのでネットで見る限り酷い物の様です。

歴史の検証も出来ない局が「国営放送」として国民から金を貰い国民を洗脳する事は止めて欲しい。

無能なのですから天気予報と解説なしのスポーツを流しておけば良いと思いますが無能な奴ほど「格好」を付けたがる。

投稿: 猪 | 2009年4月 8日 (水) 13時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの情緒的非難の影に真実が垣間見える?:

» 八田與一の偉業をアニメ映画化 [愛国心を育てる名言]
台湾で誰もが彼の功績に賛辞をおくる日本人が存在した [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 08時39分

« 迷惑なんだよっ | トップページ | 嘘と向き合うとき »