« 北朝鮮は核兵器を信仰しているのではないか | トップページ | がんばれ「ブログ市長」 »

2009年6月13日 (土)

なんで警察・検察ばかり謝罪するの?

なんで警察・検察ばかり謝罪するの?

東京新聞:県警本部長が謝罪談話 足利事件 弁護士『直接本人に』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009061202000105.html

石川本部長のコメントは、高田健治県警刑事部長が読み上げた。菅家さん本人への直接謝罪は「即時抗告審などの推移を踏まえつつ適時適切に対応したい」と述べるにとどめた。県警は刑事部長をトップに当時の捜査の問題点を検討するチームを設置し、結果を公表する。

県警の謝罪に、弁護団の佐藤博史弁護士は「まずは直接、菅家さん本人に謝罪すべきで、それが伴わなければ単に世間体をとりつくろうものにしかならない」と批判した。

いえ、警察や検察が謝罪してはいけないとは思っていないんですが、謝罪を求める気持ちも理解できるし。でも、なんで警察や検察の謝罪ばかりで、裁判所の謝罪がニュースにならないのでしょうか。

菅家さんが(取り調べなどで)接触の多かった警察や検察関係者に対して怒りを感じるのは理解できるんですけど、責任の大きさからいえば、裁判所の責任が小さいとは思えないですけどね。

  *        *        *

警察や検察が謝罪した/しないってことがニュースになってばかりで、裁判所の責任や謝罪がニュースにならないのは警察や検察に対するいじめみたいで嫌な感じがする。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 北朝鮮は核兵器を信仰しているのではないか | トップページ | がんばれ「ブログ市長」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45323421

この記事へのトラックバック一覧です: なんで警察・検察ばかり謝罪するの?:

« 北朝鮮は核兵器を信仰しているのではないか | トップページ | がんばれ「ブログ市長」 »