« 「イスラム教vs中国共産党」になるか? | トップページ | バカの正義 »

2009年7月12日 (日)

ブロンズ像と児童ポルノ

ブロンズ像と児童ポルノ

産経新聞:【邂逅 カルチャー時評】四方田犬彦 ブロンズ像の秘密
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090712/acd0907120743002-n1.htm

話変わって日本では近年に「児童ポルノ規制法」が成立し、ある年齢以下の少女の裸体写真を撮影するばかりか、所持しても罰せられることになってしまった。社会の風紀を正すことは結構なことだが、それでは街角の広場やマンションの入り口にある少女の裸体ブロンズ像はどう考えればいいのか。「いずみ」とか「めばえ」とか、意味不明の題名のついたこうした彫刻は、実は立派なロリコン的想像力の産物ではないだろうか。

あはは。

実は、図書館とかの公共施設に飾ってあるブロンズ像って裸なことが結構あるよね。芸術を理解できない自分は「エロいなー」と思うことがあったり、なかったり。

  *        *        *

児童ポルノを規制することに反対しません。特に実写のものでは被害者が存在すのですから徹底的に取り締まって良いと思います。但し、アニメやマンガやフィギュアは別です。被写体が存在しない創造物を取り締まることは、単純に、個人の妄想や創作物を取り締まることであり、内心の自由や表現の自由を制限することです。その表現の自由を制限することで社会が得られる利益、あるいは、その表現がもたらす害悪は何でしょうか(実写については判りますが、アニメなどについては判りません)。

  *        *        *

表現の自由を制限するのは慎重であるべきだと思います。もちろん、無制限な自由を認めることは出来ませんから、表現される場所や方法を考慮(制限)しつつ、創作の自由を認めるべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「イスラム教vs中国共産党」になるか? | トップページ | バカの正義 »

コメント

その通り。基本です。

性の自由を吹聴していたのは左翼側(外翼側)。
マッチポンプは反日の技術の賜物です。

反日の技術は世界一!

投稿: k | 2009年7月12日 (日) 11時20分

何でもTPOが大事で「常識」を働かせる機能が最近の日本から消えて居る事が原因でしょう。
大人がバカに成れば子供が成長しないのは当然の話で未成年の熟年大人が多すぎる。
猥褻と芸術・表現の自由を取り間違える「成人」は情けない。

投稿: 猪 | 2009年7月12日 (日) 12時35分

ボッティチェリの「ビーナス誕生」など妖艶な芸術作品などは、困りますねえ。

テレビCMでも、半裸の幼女が出演していますが、あれも禁止になるのでしょうね。

難しいところです。

投稿: ノワール黒田 | 2009年7月15日 (水) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45606573

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンズ像と児童ポルノ:

« 「イスラム教vs中国共産党」になるか? | トップページ | バカの正義 »