« で、国際社会はウイグル人に何を与えるのか? | トップページ | タテマエと直観が矛盾するとき »

2009年7月 9日 (木)

恐いです

恐いです

読売新聞:「ウイグル族を何とかしろ」漢族、一部暴徒化
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090707-OYT1T01212.htm?from=nwla

5日の暴動で死者156人を出した中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチでは7日、多くの犠牲者を出したとされる漢族住民数千人がウイグル族住民に反発して集結し、「ウイグル族を殺せ」などと気勢を上げた。

読売新聞:中国、治安部隊を大動員…ウイグル族は脱出の動き
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090709-OYT1T00018.htm?from=top

ウイグル族と漢族の対立が続く中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで8日、ウイグル族住民がウルムチからの脱出を始めた。

区都の人口で圧倒的多数を占める漢族住民が7日にウイグル族の商店を襲撃し、情勢が一層悪化する懸念が高まったためだ。中国公安当局は武装警察部隊などを大量動員し徹底した鎮圧に乗り出しており、現地は緊迫した状況が続いている。

ウイグルでの暴動は、ウイグル人が起こしたものと言うよりは、漢族によるウイグル人に対する攻撃という様相を示してきています。結果、漢族の力が益々増大し、元々の民族であるウイグルが、ウイグルの都から排除されてしまうかも知れません。

民族の興亡は歴史の中で何度も起きたことですが.....恐いです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« で、国際社会はウイグル人に何を与えるのか? | トップページ | タテマエと直観が矛盾するとき »

コメント

漢族が多数派及び管理する中で漢族が暴徒として異民族を虐殺しても漢族兵士・警官が取り締まる事が出来るでしょうかね?

「ウイグル暴動」に名を借りたウイグル人虐殺に今は国連も民主主義・人道主義を標榜する偽善の人が加担して居る。

ウイグルに送られた漢族は2億人が山東省から行っているらしいと聞いた事が有りますが、ウイグルの文化破壊は勿論ウイグル語まで話せない状況でしょう。

ウイグルで行われて居る虐殺・過去の原爆実験による被害に日本の「人権屋」が抗議したなど一度たりともニュースで見た事は有りません。

投稿: 猪 | 2009年7月 9日 (木) 14時09分

ウイグルでの事件は決して対岸の火事ではありませんね。
長野の沿道を血塗られた五星紅旗が埋めつくし、日本の警官が中国人の乱暴や横暴な振る舞いを見て見ぬ振りをしたといわれる悪夢のような光景が思い起こされます。
ウイグルでの惨劇は日本自治区現出への序章であり、それを我々日本人が黙って見ている事は日本人全体の自殺行為になるやもしれません。
本当に恐ろしい事です。

投稿: ノースマン | 2009年7月 9日 (木) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45579638

この記事へのトラックバック一覧です: 恐いです:

« で、国際社会はウイグル人に何を与えるのか? | トップページ | タテマエと直観が矛盾するとき »