« 中国式民意の反映方法? | トップページ | 国家安康 »

2009年8月17日 (月)

示談成立後の

示談成立後の

産経新聞:対日補償要求は終了 韓国政府が公式見解
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090816/kor0908161337004-n1.htm

韓国各紙は15日、日本統治時代の韓国人労働者の日本での未払い賃金について、もはや日本に返還要求はできないとの韓国政府の公式見解を伝えた。韓国では元慰安婦や戦没者、徴用労働者など多くの関連団体や個人がいまなお、日本に対し各種の補償を要求している。韓国政府としては、補償問題は1965年の日韓国交正常化の際に日本政府から受け取った「対日請求権資金」ですべて終わっているとの立場を、改めて確認したものだ。

戦争が終ったことを確定する平和条約(講和条約)を結ぶということは、身近な生活でのできごとで例えると、示談が成立するということだろう。

示談が成立したら、その事件についてかガタガタ言わないってのは、仲良くするための、喧嘩を再開しない為の、お作法だよね。

  *        *        *

韓国や中国は、日本と平和友好条約を結んで、戦争を終わらせた。賠償や補償を日本に求めるということは、示談が成立した後に、文句を言ってくるということだ。

彼らは日本と戦争がしたいのだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国式民意の反映方法? | トップページ | 国家安康 »

コメント

韓国の指導者のほうが正常に成って来たのですが、日本は反対の道を走ろうとする人たちが政権を窺って実現するかも分からない。

この人たちは示談では謝罪は済んでいないと言い出すのですから韓国の10年前の状況が起こる可能性?怖いですね。

投稿: 猪 | 2009年8月17日 (月) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45950511

この記事へのトラックバック一覧です: 示談成立後の:

« 中国式民意の反映方法? | トップページ | 国家安康 »