« NHKあって公共性なし | トップページ | 家の継続・命の流れ »

2009年8月13日 (木)

許されないコンテンツ

許されないコンテンツ

CNN:「視聴率アップ」目的に殺人命令、元TV司会者逮捕 ブラジル
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200908130006.html

リオデジャネイロ(CNN) ブラジル北部アマゾナス州の捜査当局は13日までに、「視聴率アップ」を目的に殺人を命令していたとして、州議会議員で元テレビ司会者のウォレス・ソウザ容疑者を逮捕したと発表した。同容疑者には、麻薬密輸や武器の違法所持などの容疑もかけられている。



調べによると同容疑者はカナル・リブレの視聴率を高めるため、自身が率いるギャング組織に対し殺人を命令。現場に、番組スタッフを急行させることで「臨場感ある番組」を製作していた。

表現の自由は最大限尊重しなければならない。しかし、許されない表現や許されないコンテンツというものもある。

公共の場所、誰でもアクセスできてしまう場所では、当然の事ながら自由は制限される。それぞれの国や社会によって許されない物言いや表現は存在する。

一方、プライベートな空間であれば、制限は緩やかであるべきだ。無制限であっても良いくらいだと思っている。

しかし、許されないコンテンツも存在する。

  *        *        *

以前、児童ポルノについて記事を書いたときに、ノワール黒田さんから、コメントを頂いた。

> 「自分だけがひっそりと楽しんでいるから
> いい」かというと、決してそうではないで
> しょう。
>
> 極端な例を言えば、「食人趣味」のある人が、
> 自分だけで、人を食らう映画やビデオを楽し
> んでいても、寛大に許せるか、というと、な
> かなか、そうはいかないと思います。
>
> やはり、モラルだとか倫理だとか常識だとかと
> いう、曖昧模糊だが何かそこにある一線が大切
> なのでしょう。

このコメントを頂いて、反応しようかと色々考えたのだが文章にできるほど、考えがまとまらなかったので、記事を書いたりはしなかった。

引用したCNNのニュースを読んで、少しまとまったので記事にしてみる。ノワール黒田さんへの反論と言うより、自分の現時点での考えの表明というべきものになったけれども。

  *        *        *

趣味の悪い非道徳的なものを楽しんで見ているとしても、それがプライベートな空間に留まる限りにおいて、制限すべきでないと考える。

見る個人の問題であり、見ている人とどうつきあうかという個人の問題であり、国家や社会が規制するのは何か違うのではないか。アニメや映画や小説・マンガは妄想の産物であり、妄想を制限してもしかたがない。むしろ言論の自由からすれば有害なのだから。

しかし、許されないコンテンツや表現物も存在する。

それは、他人を傷つけることで作成されたコンテンツだ。

私が児童ポルノの規制に反対ではないのも、それが理由だ(ポルノとそうでない「裸の写真」との区別の問題は残るが)。

写真やビデオを作成する過程で、誰かが傷ついているとしたら、そんなコンテンツは規制の対象になってもしかたがない。傷つけられる度合に応じて、販売や単純所持を禁止するべきだ。

引用したCNNのニュースでは「『視聴率アップ』を目的に殺人を命令していた」と報じられている。もし、これが事実であり、この殺人事件を放送した番組のDVDなどが販売されているなら、罰則をもって規制しても良いと考える。

ビデオの販売(≒営利)を目的とした殺人を認める訳にはいかないのだ。

逆に言うと、この番組がヤラセで殺人の場面が良くできた特撮とCGなら、どんなに趣味が悪く非道徳的でも、(必要なレーティングをした上で)表現の場があっても良いと考える。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« NHKあって公共性なし | トップページ | 家の継続・命の流れ »

コメント

人間としての最低限のモラルは自分だけでは大変です、やはり幼少時からの教育も必要だと感じます。

投稿: | 2009年8月14日 (金) 14時39分

■視聴率アップ狙い、元司会者が殺人を依頼か-昔からブラジルは物騒な国だった?
こんにちは。視聴率アップを狙い、殺人までとは、日本では考えられませんね。しかし、ブラジルならあっても不思議はないような気がします。たとえば、20年くらい前に、ブラジルでは自警団のような「黒い警察」という組織がつくられ、全国の主要都市で貧困層の子どもを対象に「子ども狩り」(殺人)を行っていました。また、金持ち連中もレジャーで「インディオ狩」をしていました。その当時、北海道新聞には拓銀総研(シンクタンク)の長であった石黒直文氏が長期連載をしており、ブラジルのことを礼賛していました。ご存知のように拓銀はそれからまもなく、破綻しました。古来、外国を良い、良いと誉めそやす人には碌なものはいないと思います。ここに書いていると長くなってしまうので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年8月15日 (土) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45918689

この記事へのトラックバック一覧です: 許されないコンテンツ:

« NHKあって公共性なし | トップページ | 家の継続・命の流れ »