« 責任は国民がとります | トップページ | 国が違えば歴史観も違う »

2009年8月26日 (水)

洗脳された例

洗脳された例

東京新聞:平和を守るための一票
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2009082602000068.html

毎年夏になると極東シベリアでの取材旅行を思い出す。旧ソ連が崩壊した一九九一年、ハバロフスクからウラジオストク、イルクーツクなどを駆け巡った。

「日本海経済圏」を取材したが訪問先ではしばしば日本人墓地に案内された。いうまでもなく敗戦後、シベリアに抑留され死亡した将兵たちの墓である。

意気軒高だった取材団もそこでは沈黙した。墓碑とただならぬ雰囲気が一行を包み込み、だれもが胸に込み上げるものを感じた。

戦争はしてはならないと強く感じた。国民だけで三百万人以上、さらにアジア諸国などへ多大な犠牲を強いたことを忘れてはなるまい。現行憲法に明記された戦争放棄は苦い経験の上に築かれた国民の財産だ。

戦争では敵軍兵士を捕虜に奪ることは許されていますし、奪った捕虜を使役することも出来ますが、捕虜を虐待したり殺したりしてはなりません。

捕虜を虐待したり殺傷すれば(あるいは安全への配慮に欠けたりしたら)戦争犯罪として裁かれます。少なくとも日本軍将兵は裁かれました。

ソ連(現ロシア)は、日ソ不可侵条約を一方的に破り日本軍将兵を捕虜に奪り、多数を死傷させました。

敗戦国日本が同じような行為をしたならば、戦犯として有罪になったでしょう、死刑も有り得るでしょう。

そんな行為をソ連は行ったことを忘れてはなりません。

恨みつらみは引きずってはいけませんが、そんな行為を行った国家が存在したこと、そして、その国家が特別非難されることもなく国際社会で大きな顔をしていたこと(つまり、日本が受けた仕打ちは、珍しくもなく、これからも有り得ることだと言うこと)は忘れてはなりません。

  *        *        *

最近、政府の安全保障と防衛力に関する懇談会は専守防衛の見直しや、集団的自衛権の行使を容認する報告書を提出した。戦後歴代内閣が守ってきた防衛政策を覆す恐れがある。

確かに日本周辺には核実験を繰り返し軍備増強を進める不穏な国がある。だが対抗して軍事力強化、でいいのか。太平洋戦争を始めたときも米英中蘭四カ国の対日包囲網に対して「自存自衛」が理由だった。

自存自衛は大切な事です。

自存自衛を放棄するなら、どこかの国の言いなりになれば良いでしょう。そして、民主国家である事を忘れるのです(他国の言いなりなら、国民に主権があるとは言えない)。

「自存自衛」を否定することは、民主国家・独立国家であることを否定することです。

自存自衛はいつの時代も大切なのです、そして、いつの時代もその方法が問題なのです。

自存自衛を否定してはなりません。

  *        *        *

何よりも政治と外交力の強化、経済の着実な発展が重要だろう。政治が衰退した時に平和は崩れる−とは旧軍人の悔恨だ。子や孫の世代へ平和を継承していく。よく考えて一票を投じたい。 

日本の政治は劣化していると思う。

自民党が劣化していることを否定はしない、しかし、政権交代さえすれば良いものでもない。

何故なら、民主党の軍事や外交や安全保障政策は、自民党よりもさらに劣化しているから(社民党や共産党はもっと酷い)。

民主党では平和を維持できないから。

世界が平和であった時期は、パクスロマーナのような一極支配か、冷戦のような軍事力の均衡(恐怖の均衡)の時代です。

今、世界最高の国力を持っている国はアメリカですが、アメリカの一極支配という程の力はありません。今の平和は、力と恐怖の均衡で保たれている平和です。

その均衡を保つために日本が何をなすべきでしょうか?

民主党の軍縮戦略では、均衡を崩し戦争を招くことはあっても平和を築く(維持する)ことは出来ないでしょう。

  *        *        *

歴史に学ばず、イデオロギーと理想という名の夢物語に溺れるこのようなコラムを読むと、GHQと中共とソ連による洗脳の結果を見るような気がしてしまいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 責任は国民がとります | トップページ | 国が違えば歴史観も違う »

コメント

政治と外交力の裏には厳然とした「備え」が有った歴史も忘れているんでしょう。
「備え」の無い中で政治家が外交官が空虚な素晴らしい言葉を千回言っても意味をなさないくらいは、新聞紙に書く能力のある人なら理解できると思うのですが・・・

友好・愛・迎合が国家の方針なら「独立国家」を放棄し民主党が言う国連重視の「国連管理国」と名前を変えた方が良いでしよう。
「国連軍」が日本国家の解体を決めたらどうするのでしょう?やるんでしょうね。

しかし「東京新聞」て馬鹿ですね今更日本がアメリカ・ロシヤ・中国程の軍事力を持ちたいと考えている?夢でも見ているんでしょう。日本が軍備を増強すると戦争でも起こるんじゃないかと?アホですな。

投稿: 猪 | 2009年8月27日 (木) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46038983

この記事へのトラックバック一覧です: 洗脳された例:

« 責任は国民がとります | トップページ | 国が違えば歴史観も違う »