« 自前の技術がなければ | トップページ | 許されないコンテンツ »

2009年8月13日 (木)

NHKあって公共性なし

NHKあって公共性なし

産経新聞:パイワン人も提訴、原告1万人突破 NHK台湾特集訴訟
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/090812/med0908121417000-n1.htm

NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾人などから番組内容に歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題で、出演した台湾少数民族のパイワン人らが番組で、民族の誇りを傷付けられたとして、NHKを相手取った集団訴訟に原告として加わることが11日、分かった。原告数は提訴後も増え続け、1万人を突破した。

このような訴訟が、NHKの番組内容を批判した訴訟が起きているニュースに接し、そして、NHKの「日本海軍 400時間の証言 」を見ると、NHK自身がNHKの「編集権」という権利に振り回されているのではないかと思えてくる。つまり、一部の作成現場が暴走をしていて、それを周囲の人達も判っているけれども「編集権」や「言論の自由」という「(統帥権のような)不可侵の大権」によって黙認してしまっているのではないだろうか。

  *        *        *

「編集権」や「言論の自由」が目的とするものを、NHKの経営や管理職にある人々は、真剣に考えるべきだ。

でなければ、「NHK反省会 400時間の記録〜なぜ公共放送は失敗したのか」といった番組が作られることになるだろう

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自前の技術がなければ | トップページ | 許されないコンテンツ »

コメント

「海軍400時間の証言」酷いものです。戦後35年も経過して、自分達の老後の心配がなくなってから引退した「おじい様方」の放言をマトモに公共放送で取り扱う完全に「いかれています」。

「統帥権」と「軍令部」の暴走と描くなら軍令部の作戦で航空機による「英国東洋艦隊の撃沈」も「真珠湾」も作戦としては世界初の偉業として記憶しておくべき事も出てこない。「400時間」マトモな放送では無い事を証明した様なものでした。

2回目からはこれを表面に出した旧海軍大尉の顔を見るのも嫌で見る気もしませんでした。

投稿: 猪 | 2009年8月13日 (木) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45912797

この記事へのトラックバック一覧です: NHKあって公共性なし:

» 【投票前必見】麻生vs鳩山緊急党首討論ノーカット版より [帝國ブログ]
ニコ動で国民全体にとってこのような重大な生放送が行われました。 【終了】8/12 麻生鳩山 党首討論再放送!‐ニコニコニュース http://blog.nicovideo.jp/niconews/2009/08/004019.html 結論から申しますとマスコミ報道で伝えられるところと比べ、実際には麻生総理に軍配を上げざるを得ないでしょう。これはどちらを支持するかを問わず、まず見て頂ければ分かるかと存じます。麻生氏が声を張りながら具体的な政策を挙げつつ簡潔に立論していくのと比... [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 03時39分

« 自前の技術がなければ | トップページ | 許されないコンテンツ »