« GHQが仕掛けた爆弾 | トップページ | 責任は国民がとります »

2009年8月25日 (火)

あら〜、残念

あら〜、残念

朝日新聞:韓国初の衛星ロケット、軌道投入に失敗
http://www.asahi.com/international/update/0825/TKY200908250278.html

韓国政府は25日午後5時、同国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」を南西端の羅老宇宙センターから打ち上げたが、衛星の軌道投入に失敗。世界で10カ国目となる「自国から自前ロケットで人工衛星を打ち上げた国」への仲間入りはならなかった。

予定した軌道に投入できなくても、とりあえず地球周回軌道にのってしまえば「(輸入したロケットであっても所有権は韓国にあるので)自前で人工衛星を打ち上げた国」になるんじゃないの?と思ってニュースを検索していたら。

47NEWS:韓国衛星、軌道に乗らず失敗  初のロケット打ち上げ
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082501000809.html

同省によると、ロケットの先端部分に搭載された衛星は、地上306キロ地点で分離する予定だったが、約34キロ超過。その後、衛星の位置はつかめていない。衛星は重さ約100キロの直方体。高度300キロの軌道を回りながら地球温暖化や気候変化の状況を観測する予定だった。

あら〜、衛星が行方不明になっちゃってるのね。それじゃダメですね。納得。

予定よりも高い位置で分離したってことは、横方向への方向転換が出来ずに地球に落ちちゃったのでしょうか?(ロケットは真上に打ち上げただけでは、地球に落ちて来ちゃいますから、上昇しつつ横方向に向きを変えつつ加速します)。

  *        *        *

日本も「おおすみ」の打ち上げに成功するまでは何度も失敗していますから。

私は「おおすみ」の打ち上げの解説を(NHKだったかな?)ワクワクしながら見ていた記憶があります。世界に例のない斜め発射&重力ターン方式による打ち上げ、失敗したときに「ここまで成功した。ここで失敗した」という説明。

ま、日本が斜め発射や重力ターン方式を使ったのは政治的な理由(ミサイル開発との疑惑を持たれないため)や技術的な理由(制御技術が未熟)があったそうですけど、そんなことを知らない子供の私は、単純に「日本の斜め発射スゲー」って思ってましたけど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« GHQが仕掛けた爆弾 | トップページ | 責任は国民がとります »

コメント

日本向けのロケット開発でしょうが・・・自作に拘らない人達?出来れば「自作」にしてしまう人たち変な人が多い国です。

投稿: 猪 | 2009年8月26日 (水) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46028773

この記事へのトラックバック一覧です: あら〜、残念:

» 韓国国産ロケット「ナロ号」の打ち上げ 衛星の軌道投入に失敗 [本質]
8月25日、韓国が国産ロケット「ナロ号」(KSLV-1:Korea Space  [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 23時38分

» 【安全保障編】防衛費削減以前に党内議論ができない民主党 [帝國ブログ]
民主党の安全保障政策について不安点をまとめている最中にRSSチェッカー(どうでもいい話ですが自分の設定によってPC起動時と2時間に1回更新)に感あり。週間オブイェクトさんがこの件について更新なさったようです。 民主党の安全保障政策が問題視されている最大の原因とは? : 週刊オブイェクト http://obiekt.seesaa.net/article/126414704.html はい。どうみても当ブログより詳細且つ網羅的に分かりやすく解説なさっているので最早、私がまとめる必要はありません... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 01時47分

« GHQが仕掛けた爆弾 | トップページ | 責任は国民がとります »