« とにかく戦争が嫌であるなら | トップページ | 示談成立後の »

2009年8月16日 (日)

中国式民意の反映方法?

中国式民意の反映方法?

産経新聞:中国江西省で、数百人が課税強化に抗議、警察車両壊す
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090616/chn0906160805000-n1.htm

新華社電によると、中国江西省南康市で15日、業界に対する課税強化に反発した家具業者ら数百人が国道をふさぐなどして抗議、一部が市庁舎に押しかけ、警察車両数台を壊す騒ぎになった。死傷者は出ていないという。

課税強化は15日から実施される予定だったが、業者は午前中から国道脇に集まり抗議行動を続けたという。南康市は課税強化の実施を見送り、現地からの報道では午後に騒ぎは収まった。

ちょっと古いニュースなのですが、ニュース漁りをしていたら目に止まったので。

  *        *        *

民主主義とは剥き出しの暴力を数の暴力に変換したものだと思っています。

政権や政策が気に入らない時、民主主義以前であれば、実力で政権を争う(≒内戦)や物理的抗議(≒一揆や暴動)で決着をつけました。もちろん、その前に話合いや議論がありましたが、話合いが決裂した場合は物理的暴力(剥き出しの暴力)で決着をつけました。

民主主義の場合は、話合いや議論が決裂した場合、投票や採決(数の暴力)で決着をつけます。

  *        *        *

地方政府が増税決定→抗議の暴動→増税の取消し、ですか。

結果的に民衆の意見が政策に反映したと言えるでしょう。日本でなら、増税の提案・議論→関係団体(利権団体)の反対・陳情となるところですが、中国では、暴動によって民意を政策に反映させるのでしょう。

民主主義以前の方法ですが。

「市庁舎に押しかけ、警察車両数台を壊す騒ぎ」は、中国式民意の反映方法と言えるのであれば、中国式政権交代は内乱・内戦を伴ったものなのでしょうね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« とにかく戦争が嫌であるなら | トップページ | 示談成立後の »

コメント

この繰り返しが中共以前の中国で「皇帝」が変わる事に成ったのでしょうが、中共に「民意」が出てきたと?面白い見方です。中共の「民意」と聞くだけで何となく希望が・・・中共人以外の中国人頑張れ・・・

投稿: 猪 | 2009年8月16日 (日) 10時38分

民主主義は、決まったら従うというルールがありますが。
そんなことは認めないでしょうから殺し合い。

民主主義は多数が少数を抑圧するシステムですので、そのまま運用したら フランス革命と同じで反対者を合法的に虐殺することになります。

法による制限がうまく働かないと 本来の民主主義はとてつもなく恐ろしいシステムです。

投稿: あきつ | 2009年8月16日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45940077

この記事へのトラックバック一覧です: 中国式民意の反映方法?:

« とにかく戦争が嫌であるなら | トップページ | 示談成立後の »