« 責任とってね | トップページ | NHKは公共放送としての義務を果たしていない »

2009年8月 5日 (水)

民主党政権による痛みの兆し

民主党政権による痛みの兆し

産経新聞:高速割引で「存亡の危機」 九州のフェリー各社が6党に質問書
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090805/biz0908052040031-n1.htm

同協議会は質問書で、割引拡大によって業界売り上げが3割以上減少したと指摘。このままでは船舶を海外に売却し「社員を解雇せざるをえなくなる」と訴えた。

高速道路の割引は民主党が無料化(税金による支払い)を言い出したことから始まった。

長距離フェリー会社の受けた打撃は民主党が引き起こしたものだと言えるだろう。

長距離フェリーが環境や雇用にどんな影響を与えているか(車に比べて環境に良いのか、雇用されている人数などを)私は知らない。だから、高速道路無料化(税金による支払い)が良いことなのか判断しかねるけれども、言えることがある。

それは、改革を行えば痛みを感じる人は必ずいる、と言うことだ。そして、その改革が完遂できるか(長続きするか)どうかは、痛みを感じる人達への対応次第だということだ。

痛みを感じる人達へ、同情し説得の言葉を発し納得させるのか。それとも、無視して踏み潰すのか。それとも、痛いという抗議や抵抗に負けて、改革を止めるのか。

民主党は、政権交代したら大改革を行うと言っている。そして、彼らは痛みを感じるであろう人々に初めて直面して、オタオタしている。

民主党は、痛みを感じる物たちを踏み潰す(≒小泉改革以上の痛みを伴った改革を実行する)か、改革を止めることになる(≒自民党と同じになる)だろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 責任とってね | トップページ | NHKは公共放送としての義務を果たしていない »

コメント

本当の痛みなんて議員様には、判る訳ない。

投稿: todo | 2009年8月 6日 (木) 00時18分

高速道路無料化の影響は目に見えて居ます。私の近くにもフェリー会社が有りますが、殆どの休日にはガラ空き売店も近所の商店も閉店状況。

これが完全無料化に成った時の影響など彼等には想像もつかないでしょう、道路修理も全部税金から出す、消費税はアップはしない。環境にも25%の数字を出した党としての責任も自動車の稼働が多く成れば当然遠のきます。何を考えているのやら・・・

投稿: 猪 | 2009年8月 6日 (木) 10時26分

「民主党政権の痛み一覧」
http://blog.auone.jp/pakuribaibainida/

日米構造協議で
小沢一郎が提案、画策した売国行為についても
ふれていますので、ぜひご一読下さい。

不況の原因といえば
小沢一郎。

民主党の実質代表は、
小沢一郎。

小沢を切れない民主党には
何一つできない。

投稿: | 2009年8月27日 (木) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/45847117

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権による痛みの兆し:

« 責任とってね | トップページ | NHKは公共放送としての義務を果たしていない »