« 神州不滅であれば | トップページ | あら〜、残念 »

2009年8月25日 (火)

GHQが仕掛けた爆弾

GHQが仕掛けた爆弾

産経新聞:【産経抄】8月24日
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090824/edc0908240247000-n1.htm

『学校の先生が国を潰す』。おだやかならぬ題名の本が、送られてきた。著者の一止羊大(いちとめ・よしひろ)さん(66)=ペンネーム=は、大阪府下の公立学校の元校長だ。学校での国旗、国歌の指導の実態を知ってもらいたいと、自ら印刷した。題名には、学校の先生こそ、日本人から矜持(きょうじ)と誇りを奪った張本人ではないか、との思いを込めたという。



「だから、国旗を切り刻んでもなんとも思わない人が現れても、驚きません」と、一止さんは電話で話す。「戦後60年以上たって、本当の敗戦の日を迎えてるんじゃないですか」とも。

GHQが日本に仕掛け中ソが利用した爆弾が、爆発しているような気がします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 神州不滅であれば | トップページ | あら〜、残念 »

コメント

GHQの洗脳は、深く静かに日本という国体を蝕み、病気を進行させているかのごとくは、まさに癌細胞に似ています。
戦争に負けてさえ変わらなかった、日本が日本である所以をも揺るがしかねない国民意識の変化さえ可能にさせうるのが、学校教義という現場での腐れサヨク教師による無防備な子供達への反日反米・親中親朝教育なのかも知れませんね。
国民の要件さえ満たされない人間が義務教育の名のもとに大量生産され続けているのだとしたら、こんな悪夢は世界中のどこを探しても、他に無いのではないでしょうか。

投稿: ノースマン | 2009年8月25日 (火) 10時22分

完全に代議士が昭和人に成ってからは保守であろうが革新で有ろうが「GHQ教育」の恩恵?を受けて自分で勉強した人だけの保守が多少残ったのが現状。

民主党が国旗を破ろうが、党首が「日本列島は日本人のモノだけだない」と言われても民主党の政権交代になびくのですから絶望の「域」に達したのではないかと・・

投稿: 猪 | 2009年8月25日 (火) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46023144

この記事へのトラックバック一覧です: GHQが仕掛けた爆弾:

« 神州不滅であれば | トップページ | あら〜、残念 »