« 北朝鮮が信用しないでしょう | トップページ | 八ッ場ダム・民主党の2つのミス »

2009年9月24日 (木)

アフガニスタン民生支援

アフガニスタン民生支援

産経新聞:日英会談 英外相は給油活動継続を要請
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090923/plc0909231807006-n1.htm

鳩山由紀夫首相は22日夜(日本時間23日午前)、国連本部内でブラウン英首相と会談した。ブラウン首相はインド洋での自衛隊による給油活動についての見解をただし、鳩山首相は「アフガニスタンの将来にとって日本は最良の貢献をするにはいかなる形がよいか考える」と述べ、給油活動よりもアフガン本土での民生支援に力を入れていきたい考えを示した。

アフガニスタンで非武装の民生支援は(死者をだしたNPOがあることからも判るように)かなり危険な仕事になります。鳩山首相には部下に死者を出しても支援を行う覚悟はあるのでしょうか。

そうであるなら(死者を出す危険性を説明した上で)民生支援に舵を切るのも良いと思います。

しかし、安全に民生支援が出来る場所がある、とか、アメリカ軍に護衛してもらうという考えでしたら、お花畑・綺麗事と言わざるを得ません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 北朝鮮が信用しないでしょう | トップページ | 八ッ場ダム・民主党の2つのミス »

コメント

国際社会の中での日本の立場を明確にし、国益を守ろうとする鳩山首相の外交は、見事なものです。自民党・官僚政治の愚劣で無能な政治の終焉、なんとも爽快です。
利権政治、愚民化教育を一掃して、新時代の豊かな社会を作り出したいものです。
その中で、知識時代に入った日本社会が必要とするのは、優れた教育機関です。
必要な社会知識も外国語能力もIT知識も授けず、テストと競争で追い詰め、劣等感を持たせ不登校、退学者、ニート、自殺者を作り出す誤った教育を止めなければなりません。
学校教育のデタラメと腐敗を明らかにし、改革の方向を示した衝撃的な本「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望著 日新報道社)は、正に日本版「危機に立つ国家」です。
教員よ。すぐに教育を改めなさい!

投稿: 勝手に推薦隊 | 2009年9月24日 (木) 07時07分

150人も新国会議員が生まれたのですから全員に行って貰い模範を示して欲しいものです。

投稿: 猪 | 2009年9月24日 (木) 09時29分

2年前の話では、民主は文民の護衛に海外の警備会社の人間を雇うはずじゃなかったでしたっけ。

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071018/stt0710181642002-n1.htm

外人だし、兵隊じゃないから死んでも問題なし。
文民が殺害されたら警備会社のせい。
もうお花畑とか綺麗事ってレベルじゃないですな。

投稿: 近江 | 2009年9月24日 (木) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46296986

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン民生支援:

« 北朝鮮が信用しないでしょう | トップページ | 八ッ場ダム・民主党の2つのミス »