« アフガニスタン民生支援 | トップページ | 刺激しないで意志表示できるかな、隣人は簡単に切れちゃう人なのかな »

2009年9月24日 (木)

八ッ場ダム・民主党の2つのミス

八ッ場ダム・民主党の2つのミス

時事通信:丁寧な説明が不可欠=八ツ場ダムの建設中止
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009092300494

民主党の政権公約の柱である八ツ場ダムの建設中止は、地元住民が意見交換会をボイコットし、早くもつまずいた形となった。308議席という衆院選圧勝の勢いに乗って前原誠司国土交通相は就任直後に中止を明言したが、地元の反発は予想を超えた。同党は政権公約で「地域主権」を掲げるだけに、住民の声は無視できない。同相は今後難しいかじ取りを迫られそうだ。



同相は記者会見で、「われわれが提示する立場にはない」と述べ、ダム湖に代わる新たな生活再建策を国が主導する考えはないと言及。しかし、ダムがない場合の未来の展望を示さなければ、水没地域で暮らす人たちの不安は払しょくされない。関係自治体が納得する治水・利水の代替案策定も急務だ。

読売新聞:「八ッ場」中止手続き先送り、地元理解優先
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090921-OYT1T00676.htm

前原国土交通相は21日、八ッ場(やんば)ダムの本体建設工事について、地元の群馬県長野原町などに対し、住民や自治体の理解が得られるまでは、建設中止に向けた法的手続きを始めない意向を文書で伝えた。

「白紙状態での話し合い」を求める地元に配慮し、手続きの先送りを打ち出したもの。しかし、建設中止は変わらないとする方針も改めて明らかにしたため、地元が軟化するかは微妙で、問題の長期化は必至とみられる。

民主党政権はムダ排除のシンボルとして八ッ場ダムを取り上げ中止しようとしていますが、難しい局面にはいっています。私の見るところ民主党政権というか前原さんは2つの大きなミスをしてしまいました。

ひとつめは、現地住民との話合いも代案の提示もする前に中止を明言してしまったことです。話合いをせずに決断をすることは、関係者の感情を傷つけます。代案が無いことは損失する不安をもたらします。

第一歩で、感情も実利も傷つけてしまいました。

ふたつめのミスは、地元の合意が得られるまで中止に向けた法的手続きを始めないと約束してしまったことです。

感情も実利も傷つけておいて、合意しましょうと言ってもムリな話です。ダムのような(水没地域などの)地元に不利益をもたらす事業では、地元の合意を得るまでに何年もかかります。10年、あるいは20年かかったりします。

工事がここまで進んでしまっていたら、中止によって不利益を得る人も多いでしょう。現時点では、ダム建設の合意を得るのと同じくらい、中止の合意も難しいと言わざるを得ません。

であるなら、地元の合意を条件にしてしまった前原さんが中止にむけて手続きを進められるようになるまで10年かかっても不思議はありません。

  *        *        *

中止するには(実務能力を要求されますが)代案の提示や地元との話合いを先行し、納得の上で中止するか、選挙で勝ったことを錦の御旗にし、力で押さえこむしかありませんでした。

その何方も出来なくなった前原さん(あるいは民主党政権)は、八ッ場ダムを(予算の執行停止などで)凍結することは出来るでしょうが、中止にはできないでしょう。

この調子で無駄排除という「痛みを与える改革」が出来るのでしょうか?

大いに疑問です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« アフガニスタン民生支援 | トップページ | 刺激しないで意志表示できるかな、隣人は簡単に切れちゃう人なのかな »

コメント

 地元住民は自民党ではなく日本政府の説明を聞き、しかるべきべき手続きの上で今に至っているわけですから、民主党政権に変わったとは言え交渉相手である政府の内部事情であり、筋の通らぬ事は受け入れられぬのだと感じています。

 民主党は選挙目立ての政策を幾つも打ち出してきたわけですが、一つ一つの政策には生きていかねばならない生活者の人生に何らかの影響を与えるわけで、そう易々と実現できるはずもないし実現して欲しいとは思いません。

PS.
 この問題と普天間基地移転の問題は合わせ鏡で、住民及び関係者の意見を重視するのならば八ッ場ダム中止が筋。
 国の考えを優先するのであれば、普天間基地の移転は規定方針通りでないとおかしい(計画変更の理由は住民の意思だったはず)と感じています。

投稿: 山本大成 | 2009年9月25日 (金) 00時58分

しかし、大臣の軽率な発言のせいで国土交通省の職員はシルバーウィークも休みなしだったんでしょうね。
これこそ無駄だと思います。

投稿: nao | 2009年9月25日 (金) 01時18分

政権交代と革命との勘違いをしているように思います。
今の民主党ナチス化している。新人議員の取材拒否・信頼されていない人材を何故「公認」したのかも判らない状況、完全に党及び選任された議員の私物化、マスコミも当然のごとく取材を自主規制、中国・北朝鮮と変わりない民主党の「党」主導方法。

投稿: 猪 | 2009年9月25日 (金) 09時47分

産経・読売の購読者なら、貴方の意見に賛成するでしょうね。

4600億円の7割3210億円を執行した(土建屋と契約した)ことを以って、7割の工事が遂行されるなら宜しいが、そうではないようです。
産経では7割工事が完成したと、今日も報道していましたが、全体の進捗率は20%程度だそうです。

今後、更に最低でも4600億円にプラス1千億円、ことによると4千億円も予算超過するとしたら、国民が黙っているでしょうか。

地元住民全員が建設中止反対のような報道がなされていますが、建設中止賛成の住民の声は押しつぶされていたことも分かって来ました。

前原大臣のやり方稚拙だったとしても、県知事と町長が土建屋で、そこに工事費がどれだけ落ちるのか分かったら、どうなるでしょう。

投稿: 雨宿りして除いたら | 2009年9月26日 (土) 01時24分

雨宿りして除いたらさんこんにちは

工事を進めた方が良いか悪いかについて、私は判断出来ません。情報も知識も不足していますから。

ただ、言えることは、感情的に傷つけた、実利でも不利益だ、その状態に「話合い」を持ち込んだら、地元の合意を得るまでに時間とお金がかかるだろうと言うことです。

これで年内に地元との合意が出来たら奇跡です。民主党政権の間に地元との合意が出来ることもないでしょうね。

前原さんは稚拙過ぎたのではないでしょうか。

繰り返しますが、私は中止すべきであるかどうか判断していません。ただ前原さんと民主党政権が、現実にぶつかって支持者以外の利害関係者の存在に驚いているように見えているだけです。

投稿: 乱読雑記 | 2009年9月26日 (土) 06時49分

雨宿りして除いたらさんこんにちは

> 前原大臣のやり方稚拙だったとしても、
> 県知事と町長が土建屋で、そこに工事費が
> どれだけ落ちるのか分かったら、
> どうなるでしょう。

この部分に反応しないとですね。

新たな事実が出てきて、住民感情が変化し、中止に傾くことは多いにありうる事です。ただ、「県知事と町長が土建屋で」彼等が利益をえているのだとしたら、それは、反対運動の中で宣伝されているでしょう(反対派が反対理由にしない理由を思いつかない)。

つまり、悪いやつらがいるとしても、既に、住民の方々は知っているのではないかと思うのです。

だから、こういった事は起こりそうにないと予想します。ただ、政権交代で国土交通省の暗部が暴かれて大激変!という可能性があることは否定しません。

投稿: 乱読雑記 | 2009年9月26日 (土) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46302838

この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダム・民主党の2つのミス:

» 八ツ場ダム 反対 [ニュースの林]
八ツ場ダム商品価格:2,415円レビュー平均:0.0 八ッ場ダム!<地元>選出の<民主党>衆院議員が生激白! - 火山の ...テレビ・ラジオで英語の勉強、クラシック・コンサートから政治・経済談議まで…。 (万葉集 モーツアルト 政権交代)(続きを読む) 八ッ場ダムいくつかの疑問 - 長良の鵜 ズボラ余生「ズボラ余生とは」: 何事も、前向きに捉え、楽天的に生きていくことです。(続きを読む) 八ッ場ダムに観光客殺到 地元は複雑な表情|ピエロの映画日記建設中止方針で一躍脚光を浴びた八ッ場ダムに、一目... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 10時23分

« アフガニスタン民生支援 | トップページ | 刺激しないで意志表示できるかな、隣人は簡単に切れちゃう人なのかな »