« おめでとう | トップページ | カチンときました »

2009年9月 2日 (水)

でも鳩山さんの意志です

でも鳩山さんの意志です

産経新聞:【鳩山ぶらさがり(下)】米紙掲載論文「ゆがめられている」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090831/plc0908312233012-n2.htm

——鳩山代表がニューヨーク・タイムズ紙に寄稿した論文で、アジア中心の経済・安保体制の構築を強調していることが、米国内で現実的でないという批判を受けている。こうした批判についてどう答えるか

まずお答えしておきますけれども、寄稿したわけではありません。どこかで勝手に寄稿したというふうに書いてありますが、寄稿したわけではありません。『VOICE』という雑誌に載ったものを、その新聞社が一部を、抜粋をして載せたものだと。そのようであります。したがって、寄稿したという事実はありません。しかし、中身が一部、ゆがめられて、というか、一部だけとらえられて書かれていると。

「雑誌に載ったものを、その新聞社が一部を、抜粋をして載せたもの」というと日本国内向けに書いた論文を勝手に掲載されてしまったと受け取れますが、事実は違うようです。

読売新聞:民主・鳩山氏「米紙論文、反米ではない」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090831-OYT1T01277.htm

論文は、米国主導のグローバリズムや市場原理主義を批判し、アジア中心の経済体制の構築などを主張している。鳩山氏は「寄稿したわけではない。(日本の)雑誌に寄稿したものを、抜粋して載せたものだ」と述べた。論文は日本の月刊誌「Voice」9月号に掲載されたもので、英訳は鳩山事務所で行ったという。同紙関係者は本紙の電話取材に対し、「紙幅に合わせて短縮し、いくつか不明瞭(めいりょう)な単語を変えたが、内容で本質的なことが編集で変えられたことは断じてない」と強調した。

最初、「寄稿したわけではない」と聞いたときに過去の論文を勝手に掲載されたのかと思いましたが、「英訳は鳩山事務所で行ったという」そうですから、鳩山氏側が知らない間に勝手に掲載されたのではなく、鳩山氏側はどのような内容が掲載されるかちゃんと知っていたし、掲載を拒否することだって出来たハズです(その場合は、NYTは「鳩山氏は○○のような主張をしている」と報道しただろう)。

「寄稿したわけではない」とは言っても、NYT用に新たに書いた論文ではないというだけで、鳩山さんが鳩山さんの意志で鳩山さんの思うことを発表したことには違いありません。

この程度の批判に言い訳めいたことをしているようでは、先が思いやられます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« おめでとう | トップページ | カチンときました »

コメント

新聞紙的な表現では「ぶれまくっている」様ですが、鳩山民主党はぶれても自民党がぶれちゃいけない新聞記事を書く為のマニフェストでも有るんでしょうかね・・・

不思議な現象です。小沢金元・鳩山故人献金を始めぶれまくって居りますが貴社には「ぶれ」には見えないのですね。

「ぶれの集団」が民主党ですから「ぶれて」当たり前なのでしょう。

投稿: 猪 | 2009年9月 2日 (水) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46095439

この記事へのトラックバック一覧です: でも鳩山さんの意志です:

« おめでとう | トップページ | カチンときました »