« 日本には新たな皇民化教育が必要だ | トップページ | 北朝鮮が信用しないでしょう »

2009年9月22日 (火)

不満が鬱積する中国はどうなるのでしょう

不満が鬱積する中国はどうなるのでしょう

レコードチャイナ:また通り魔事件、今度は仏人女性が刺される=中国メディアは報道せず—北京市
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35540

2009年9月20日、香港紙・文匯報は19日に北京市で再び発生した通り魔事件を伝えた。天安門広場周辺では今月17日に14人が死傷する通り魔事件が発生したばかり。

19日午前11時ごろ、年配のフランス人女性観光客が有名な北京ダック専門店「全聚徳」の向かいにある箸販売店の前を同行者と歩いていたときに事件に遭遇した。目撃者によると、容疑者の男は「不公平だ、世界は不公平だ」と叫びながら刃物を取り出し、フランス人女性に襲いかかったという。だが同行者が勇敢にも容疑者に飛びつき、持っていた刃物を取りあげたため、女性はかすり傷ですんだ。

どの国にも不満を他人にぶつけてしまう人間はいるものです。日本でも思い出すのも嫌な事件がありましたし、アメリカでも欧米でも同様な事件があります。

ただ、ちょっと気になったのが「また通り魔事件」というタイトルにあるように、連続して起きたことです。何年かに一回、という頻度なら、どこの国にもあること、人間社会のさけられない病理、と言うことなのですが、前回おきてから2日後というところに、中国社会に鬱積している圧力のようなものを感じます(場合によっては、さらに連続する可能性もありますし)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本には新たな皇民化教育が必要だ | トップページ | 北朝鮮が信用しないでしょう »

コメント

民主的で温和な日本と政界の国の比較はできないでしょうが、日本は日本・外国は外国と言う「ドライ」な関係は必要でしょう。民主党も日本人を守ると言う国家の原点で政治をしてほしいものです。

投稿: 猪 | 2009年9月22日 (火) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46276827

この記事へのトラックバック一覧です: 不満が鬱積する中国はどうなるのでしょう:

« 日本には新たな皇民化教育が必要だ | トップページ | 北朝鮮が信用しないでしょう »