« HTV 順調! | トップページ | 新対中外交 事実直視で諦めと妥協を »

2009年9月14日 (月)

事務次官会議を廃止しても良いことはない

事務次官会議を廃止しても良いことはない

朝日新聞:百年超の歴史、事務次官会議に幕 トップ官僚の感想は
http://www.asahi.com/politics/update/0914/TKY200909140361.html

●財務省 丹呉泰健氏 仮に次官会議が取りやめになったとしても、各省は閣議に諮る案件について、事前によく調整していくことを心がけなければならない。

ある程度の規模の会社で、経営者が様々な指示命令をいろんな部署にに出すとき、あるいは全社的な会議が行われるとき、下々の担当者は当然の事として横の連携をする。

でなければ、各部署が阿吽の呼吸でもって動くことは出来ない。

日本の会社では各部署のあるいは各個人の担当範囲が必ずしも明確ではない。部署と部署の隙間、担当者と担当者の隙間に仕事が落っこちないように、横の連携が行われる。

これは上層部(経営者)にとっては、細かい指示をしなくても、それなりに会社が動いて行くのでとっても楽な一面、部署同士の癒着やしがらみで動きがとれなくなる事もある。

日本社会の長所であり短所だ。

  *        *        *

民主党は官僚主導から政治主導へと変わる象徴として、事務次官会議の廃止を打ち出している。

しかし、横の連携は必要だ。横の連携が弱くなれば、非効率をもたす。

横の連携を弱くしても、効率を落とさないようにするためには、トップがよほど明確で正確な指示を出さなければならない。

民主党の政治家に「正確で明確な指示」が出せるとは思えない。

  *        *        *

事務次官会議の廃止は、官僚同士の連携をアンダーグラウンド化するか、事務の停滞をもたらすだろう。

どちらにしても良い結果はもたらさないと予想する。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« HTV 順調! | トップページ | 新対中外交 事実直視で諦めと妥協を »

コメント

中央集権の悪い処を並べてみても仕方が無いのです。物事は比べてみる。
官僚は政治家が上手く活躍させる事が使命、政治家が自ら史料を元に官僚に頼らないで議事が進行すれば・・・お手並み拝見と官僚は楽になるでしょう。
自分が偉いと威張る人間ほどボロを出す、国家戦略局にしても「戦略」など持たぬパフォーマンス専門の人が就任する?初めから訳が判らない。

投稿: 猪 | 2009年9月15日 (火) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46212914

この記事へのトラックバック一覧です: 事務次官会議を廃止しても良いことはない:

» 少子化推進の張本人が少子化担当相に就任か? [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにご訪問頂き有難うございます。 初めて拙ブログに来られた方は、 ↓の二つのエントリーを是非お読みになって下さい。 【吉井の法則】の恐ろしさ スポーツマスコミ業界の日教組=玉木正之氏 民主党の真実 ~政治献金パーティー収入内訳から見た民主党の..... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 22時42分

« HTV 順調! | トップページ | 新対中外交 事実直視で諦めと妥協を »