« 少子高齢化が解決しないと、ムリ | トップページ | 本末転倒 »

2009年9月29日 (火)

野党だから許されたこと・与党だから優先しなければならないこと

野党だから許されたこと・与党だから優先しなければならないこと

東京新聞:夫婦別姓法案、通常国会提出も 法相、民法改正に意欲
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009092901000855.html

2007年の内閣府世論調査で賛否が拮抗(きっこう)するなど異論も根強く、与党内でも調整に時間がかかる可能性がある。千葉氏は「個人としての意見を持っている方がいるのも確かだが、民主党として承認した政策だ」と指摘した。

民主党は野党だから「成立しないこと前提の法案」を提出することが出来ました。でも、今は、与党ですから、いままでのようにお気楽に提出することはできません。

ですから、夫婦別姓や外国人参政権については、民主党内でも紛糾する可能性は高いでしょう。

でも、この経済情勢下で景気対策はまったなしです。予算も作成方法から変えようとしています。

まともな神経なら、こんな紛糾する法案にかまけている事は出来ないと思うのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 少子高齢化が解決しないと、ムリ | トップページ | 本末転倒 »

コメント

何事にも真剣ではないのです。いい加減な政治をやられると日本国民が迷惑するばかり。

投稿: 猪 | 2009年9月30日 (水) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46347880

この記事へのトラックバック一覧です: 野党だから許されたこと・与党だから優先しなければならないこと:

» ◆文例◆ 外国人参政権 2 [【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
◆請願書文例◆ 〔外国人参政権 2〕 ・本文例は、一切の著作権を放棄いたします(利用、転載、改変可)。 どうぞ自由にご利用下さい。 ―... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 22時10分

« 少子高齢化が解決しないと、ムリ | トップページ | 本末転倒 »