« 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 | トップページ | 安重根を「世界的な英雄」として宣伝するということ »

2009年10月25日 (日)

鳩山首相の死亡フラグ?

鳩山首相の死亡フラグ?

産経新聞:【鳩山首相が語る】(1)「最後はわたしが決める」 普天間飛行場移設問題
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091025/plc0910250129000-n1.htm

−−普天間飛行場の移設問題について。政府の方針が決まる前に岡田外相が県外移転は困難だと表明したが。

「政治主導ですから閣僚の皆さんがね、自分のいろんな思いを述べられるということは私はあってもいいと思います。最後はわたくしが決めますから。皆さんのいろんな判断を伺いながら、最終的に決めるのはわたくしですから。そこできちんと決めて1つにまとめればいい話であって、それまでいろんなそれぞれの方々が努力の中でね、いろんなご自身の思いを政治主導の中であえて見えるように発言されているのは、今までとは確かにそういったプロセスが違うから、まあ、記事になりやすいかもしれませんけども。それは新しいやり方として、理解してもらいたい。ただ、だから出すときは皆さん方のさまざまな努力の積み重ねのによって1つにまとめる努力をして結論は私が出します

リーダー的な立場の人が「結論は私が出します」とか「最終的に決めるのはわたくしです」とか言い出す、それは、人の指導力に疑問がある、疑問を持たれていると言うことだ。

そういえば安部政権で、安部さんは何度も「わたくしが決めます」と言っていたことを憶えている。小泉政権で小泉さんは「わたくしが決めます」とそんなには言わなかった。

最近、鳩山さんは、リーダーシップを主張するような発言を初めている。

鳩山政権に、死亡フラグが立ちはじめたのだろうか?

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 | トップページ | 安重根を「世界的な英雄」として宣伝するということ »

コメント

最終的には意見を私の口から言います。と言う事で私の「意見」を言うと言う「意味」ではないでしょう。

投稿: 猪 | 2009年10月25日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46575685

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の死亡フラグ?:

« 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 | トップページ | 安重根を「世界的な英雄」として宣伝するということ »