« こいつバカだろ | トップページ | 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 »

2009年10月24日 (土)

鳩山首相は退陣するべきです

鳩山首相は退陣するべきです

朝日新聞:首相事務所の賃料未記載 政治活動に使用、法抵触の恐れ(1/2)
http://www.asahi.com/politics/update/1023/TKY200910230496.html

山由紀夫首相が東京・永田町に借りている個人事務所について、政治活動に使用しながら、賃料を政治資金収支報告書に記載していないことが朝日新聞の調べで分かった。政治活動の実態があれば、政治団体に無償提供したものとみなされ、相当額を報告しなければならず、政治資金規正法に抵触する疑いがある。

首相側は「鳩山が個人的に借りている。ある程度は政治活動に使っているが、すべてではない」と説明しているが、実際にこの事務所は、政治家としての首相の会合や経理処理などに日常的に使われている。



この事務所の賃料の相場について、複数の不動産業者は「2部屋で月120万円ほど」と話しており、年間で1千万円をはるかに超える計算だ。ところが友愛政経懇話会の収支報告書に記載された事務所費は、年100万〜300万円台で推移している。



総務省などによると、国会議員が自分で所有したり借りたりしている事務所を政治活動に使用する場合、自身の政治団体に対する無償提供として扱われ、相当額を「金銭以外の寄付」として収支報告書に記さなければならない。

朝日新聞: 首相事務所の賃料未記載 政治活動に使用、法抵触の恐れ(2/2)
http://www.asahi.com/politics/update/1023/TKY200910230496_01.html

一方、05〜07年の友愛政経懇話会の収支報告書によると、鳩山氏は毎年900万円を懇話会に献金している(08年は150万円)。政治家本人が資金管理団体に献金できる上限は合計で年1千万円と定められており、事務所の無償提供分を合わせると、この上限額を大きく超えてしまい、やはり政治資金規正法に抵触するおそれがある。

鳩山首相の「故人献金」問題を知った時に、彼が外国人参政権に賛成であることから「出処を明らかに出来ない資金は、外国人参政権を得るであろう人々(在日外国人)からではないか」と疑っていました(今でも少し疑っています)。

ですが、こんなニュースをみると純粋に「政治活動に自分のお金を使った」ように見えます。

ですが、政治資金規制法では政治家本人であっても1年間に1000万円を越える寄付を禁止しています。

このニュースをみる限り鳩山さんは政治資金規制法違反だと思われてもしかたありません。限りなく黒に近いグレーです。

  *        *       *

鳩山由紀夫さんは、自分の金を政治資金規制法に違反して政治活動に使用した、それを隠すために「故人献金」をしたのではないか?

鳩山由紀夫さんは、自分の金を政治資金規制法に違反して政治活動に使用した、それを隠すために匿名献金を偽装したのではないか?

鳩山由紀夫さんは、自分の金を政治資金規制法に違反して政治活動に使用した、それを隠すために事務所の家賃を計上しなかったのではないか?

鳩山由紀夫さんが、自分の金を政治資金規制法に違反するほどの大金を使えたるのは彼が大金持ちの子供だからでないか(彼が政治家でいられるのは金持ちだから、首相になれたのは金持ちだからではないか)?

  *        *       *

鳩山さんは退陣すべきでしょう、そして、政治家を辞めるべきだと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« こいつバカだろ | トップページ | 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46571414

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相は退陣するべきです:

« こいつバカだろ | トップページ | 「人権」が内包する問題とは〜人権養護法が出来ない理由 »