« 諸刃の権 | トップページ | 批判するのは得意だけれど »

2009年10月18日 (日)

中国人にとって「すべては政治的メッセージ」なのか

中国人にとって「すべては政治的メッセージ」なのか

47NEWS:「鳩山」姓、悪役に使うな 中国当局がメディアに要請
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101601000489.html

中国共産党宣伝部が、先週末の鳩山由紀夫首相訪中に合わせ、抗日戦争を題材にしたドラマなどを今後制作する際、登場する悪役の日本人に「鳩山」姓を使わないよう求める通知を国内メディアに出していたことが16日分かった。中国メディア関係者が明らかにした。

著名な現代京劇「紅灯記」に出てくる日本人憲兵隊長が「鳩山」だったことから、中国では「イメージが良くない」(中国紙記者)という。鳩山首相がアジア重視を打ち出す中、中国当局が日中関係に配慮したとみられる。

中国のニュースには時々理解不能だったり文化の違いを認識させられることがあります。この「『鳩山』姓、悪役に使うな」というニュースも、そんなニュースです。

このニュースについて3つばかり思ったことがあります。

  *        *        *

ひとつめは、権力者とマスコミの関係についてです。

日本では、政府がマスコミに、外国の政府要人の名前を指定して「○○という名前は悪役に使うな」といった指示を出すことがあるでしょうか。

それぞれの製作者やスポンサーが配慮することはあるでしょう。あるいは、視聴者が「失礼ではないか」と非難することはあるでしょう。

しかし、権力者がマスコミに指示することは無いでしょう。

中国のマスコミは、「権力者(中国共産党)の喉舌」だそうですが、そのことを再認識させられました。

  *        *        *

ふたつめは、こんなことで効果があるのかと言う疑問です。あるいは、どんな効果を狙っているのか、と言う疑問。

視聴したTVドラマで、あるいは映画で外国の政治指導者と同じ名字の登場人物が悪役だったら、あるいは善玉だったら私達はどんな影響を受けるでしょうか。

例えば第二次大戦をテーマにしたテレビドラマで「オバマ」という名字の悪役が出ていたとして、それを見たとして私達はオバマ大統領への印象や評価を変えるでしょうか。

もし、「鳩山」姓を悪役に使うことで鳩山首相への評価を中国人が変えるとしたら、中国人はテレビドラマに影響されすぎです。あるいは、「テレビドラマと言えども『共産党の喉舌』なのだから、メッセージを読み取って行動を変える必要がある」と中国人は思っているのでしょうね。

  *        *        *

みっつめは、鳩山さんは中国にとって都合の良い人間らしいということです。安部さんや小泉さんの時代には「安部」や「小泉」を悪役に使うななんてニュースは目にしませんでしたからね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 諸刃の権 | トップページ | 批判するのは得意だけれど »

コメント

民主党議員の名前は全員善人・自民党麻生・安倍・森は良いから使え、憲兵隊長は石破大尉なんて~~~

投稿: 猪 | 2009年10月18日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46514002

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人にとって「すべては政治的メッセージ」なのか:

« 諸刃の権 | トップページ | 批判するのは得意だけれど »