« 「特定扶養控除」は無駄? | トップページ | 口先だけだから、 »

2009年10月29日 (木)

事故は事故として処理すべき、余計な気くばりは無用に願います

事故は事故として処理すべき、余計な気くばりは無用に願います

日本経済新聞:首相「日韓関係に配慮を」 護衛艦衝突事故、防衛相と会談
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091028AT3S2801P28102009.html

鳩山由紀夫首相は28日、国会内で北沢俊美防衛相と会い、海上自衛隊の護衛艦と韓国船籍のコンテナ船の衝突事故に関する報告を受けた。韓国籍船が海上保安庁の指示に従い航路を変更していたことを踏まえて首相は「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」と慎重な対応を指示した。

事故は事故として淡々と処理することが必要で、変な気くばりは返ってややこしいことになる。

相手が強いからとか五月蝿いクレーマだからとかと言って下手に譲ったりすると、付け込まれる。こちらが正しいのに謝罪や賠償してしまうと、こちらの側にストレスが溜って相手を嫌いになってしまう。

日本と韓国の関係に「ささかでも差し障りがあるようなことにならない」ことが大事であるなら、鳩山さん、こう言うべきだ。

「事故は事故として、処理する。正しく原因追及を行い、誰に責任があったか明らかにする。ただそれだけだ」

「事故があったからと言って、日韓関係にいささかでも差し障りがあるとは思わない」

事故は事故として処理しましょう。相手がワーワー騒いで来ても、毅然と淡々と対応すれば良いことです。

  *        *        *

この事故の場合、第一の責任は韓国のコンテナ船にあると思っています。護衛艦はルールを守って航行していたようですし、逆進もかけています。交通事故に例えると「普通に走っていたら、センターラインを超えてトラックが突っ込んできた。急ブレーキをかけたが衝突した」ってこと、急ブレーキのタイミングが遅かったら問題になるかもしれないけど、その程度のことで基本的な責任は相手側にあるでしょう。

海上保安庁と韓国のコンテナ船の責任は微妙かもしれないけど、最終責任はコンテナ船の船長にあります。

これも交通事故に例えてみると「ショッピングセンターに行って駐車場に入るときに、誘導員がいて、通過する道を示されたので、その道を進んだら、歩道を歩いていた歩行者とぶつかった」って感じかな。もうひとつ付け加えると「誘導員は歩行者がいると教えてくれた」。

誘導員がいるのは有り難いけれど、彼等には命令する権限はありませんし、最終的な責任も持っていません。

「最終的な責任は、ハンドルを握っている人間にある」のですからね。

海上保安庁は命令する権限を(関門海峡では)持っていません。あくまでも情報提供に留まります(駐車場の誘導員と同じ)。ですから、コンテナ船の船長は、海上保安庁に従う義務はなく、従う従わないの最終判断の権利と責任を持っているのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「特定扶養控除」は無駄? | トップページ | 口先だけだから、 »

コメント

>海上保安庁と韓国のコンテナ船の責任は微妙かもしれないけど、

そもそも、カリナスター(韓国船)に背後から接近された別の貨物船と管制官のやりとりが発端だったはずです。
その後、管制官はカリナスターにも護衛艦の件を説明し、しっかりと注意を喚起しています。

海保管制官がコース助言=前方貨物船追い越しで-護衛艦と衝突のコンテナ船に・7管
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102800891

>海保によると、貨物船の速度はコンテナ船の半分の6ノット程度と遅く、コンテナ船が徐々に近づくのを同センターの管制官がレーダー画面で発見。事故約4分前の27日午後7時52分ごろ、貨物船に「後ろから近づく船がある」と注意喚起した。

>>> これに対し、貨物船は「左舷側を通して(追い越させて)ほしい」と応答。このため、管制官はコンテナ船に「左舷側を追い越して」と助言するとともに、「前方から護衛艦が来ているので注意しなさい」と情報提供したという。

投稿: 謝罪と賠償はもうご免 | 2009年10月29日 (木) 07時25分

情報提供が事故の要因に成るのであれば止めれば良い。
海上保安庁もこんな人間は首にしろ、レーダーもある、船長が判断を間違えた事で、即逮捕するのが国のやる事だろう。
日韓友好など何の関係もない話、大馬鹿野郎としか言えない。

投稿: 猪 | 2009年10月29日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46610712

この記事へのトラックバック一覧です: 事故は事故として処理すべき、余計な気くばりは無用に願います:

« 「特定扶養控除」は無駄? | トップページ | 口先だけだから、 »