« 「人権」は「喧嘩の道具」 | トップページ | 嫌いな言葉「地域主権」 »

2009年11月17日 (火)

中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない?

中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない?

朝鮮日報:脱北者支援した朝鮮族ら200人、北朝鮮が拉致(下)
http://www.chosunonline.com/news/20091117000022

現地消息筋によると、中国公安当局は約200人の中国人が北朝鮮に拉致されたと推定しているもようだ。



しかし、中国が政府レベルで拉致被害者の送還を要求したり、抗議を行ったりしたケースはほとんどないという。ある朝鮮族住民は「拉致された人のほとんどが朝鮮族だからではないかと疑いたくなる」と語った。また、別の朝鮮族住民は「中国政府が、自国民の拉致を人権問題として扱うことより、血盟関係という北朝鮮との特殊な関係を優先させているためだ」と指摘した。同住民は「中国公安当局が家族らの届け出を受け、北朝鮮に抗議するケースもあるが、北朝鮮当局は『知らない』としらを切ることが多いため、対処のしようがない」とも話した。

国家の存在理由は「国民を護ること」にある。人々が集まって互いに護りあったのが国家の(国家以前の人間集団の)始まりなのだから。

その国家が国民を護らないとしたら、他国に拉致されても抗議すらしないとしたら、それは「国家ではない」か「国民ではない」ことになってしまう。

中華人民共和国は「国家」ではないのだろうか。

それとも、中華人民共和国に住む朝鮮族の人々は「中国国民」ではないのだろうか。

中国国民と言えるのは「中国共産党員」のみかも知れない(残りは植民地人として搾取の対象なのか?)。

  *        *        *

このニュースは中国国内に伝わるだろうか。もし、検閲に引っかからず、伝わったら中国の人々はどう反応するだろうか。

  *        *        *

本音ではともかく、タテマエとしては中国の国籍を持つ人間なのだから中共政府は取り返さなければならない。自国の国民を拉致されて何もできない政府は信用できない。

これは、もちろん日本政府にもあてはまる(日本は抗議や経済制裁をしているだけマシだけれどね)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「人権」は「喧嘩の道具」 | トップページ | 嫌いな言葉「地域主権」 »

コメント

中国国民?国民自体が居ない国ですから、どうなのでしょう?朝鮮族なんか眼ではないでしょう。

投稿: 猪 | 2009年11月18日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46789737

この記事へのトラックバック一覧です: 中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない?:

« 「人権」は「喧嘩の道具」 | トップページ | 嫌いな言葉「地域主権」 »