« 知しむべからず、よらしむべし | トップページ | 無責任な質問 »

2009年11月25日 (水)

金持優遇を国民は認めている?

金持優遇を国民は認めている?

産経新聞:「政権揺らぐことにはならない」 首相の虚偽記載問題で菅副総理
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091124/plc0911241152009-n1.htm

菅直人副総理・国家戦略担当相は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題について、「いろいろ批判があるのは当然だが、政権そのものが揺るがされることにはならないのではないか」と述べた。

鳩山首相の政治資金問題は、意外なほど、支持率に響いていません。これは建設業者や不動産業者などからお金をもらって不正な支出(発注)を行ったわけではないからでしょう。

自分のお金だから、あまり追求されていないのでしょう。

でも、もし、そうなら「お金持がお金の力で政治を行うことを許す。他人にお金を渡して政治を行うと違反だが、自分が政治家になってしまえばよいのだ」と言うことになります。

鳩山さんの場合は、家族(母親)からの資金も指摘されています。それも国民は許すなら、「金持ち一族が自分達で政治を行うのは許す」と言うことになります。

  *        *        *

金持が自分のお金で好きな事をする。その事は(うらやましいとは思いますが)悪い事だとは思いません。しかし、一方で、政治の世界で金持が金持ちであるが故に有利な立場に立つことを許すのは、民主政治にとってどんな意味を持つのでしょうか。

  *        *        *

これまでの報道をみていると「鳩山さんは、(志を共にする仲間からのお金ではなく)自分のお金で、政治活動を行い、そして、首相になった」ように見えます。鳩山さんは、お金持ちの家に産まれたから首相になれた。

鳩山さんの政治資金規制法の違反(の疑い)は、自民党政権で数多く起きてきた政治と金にまつわるスキャンダルとは違うようにも見えます。しかし、結局の所、お金の力で政治を動かした事には、変わりがありません。



BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 知しむべからず、よらしむべし | トップページ | 無責任な質問 »

コメント

金の問題など「どうでも良い」政権は政権。やってる事も言ってる事も野党時代と180度違う?無茶苦茶としか表現できない。

投稿: 猪 | 2009年11月25日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46854007

この記事へのトラックバック一覧です: 金持優遇を国民は認めている?:

« 知しむべからず、よらしむべし | トップページ | 無責任な質問 »