« 関心のある人は拒否する外国人参政権 | トップページ | 中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない? »

2009年11月17日 (火)

「人権」は「喧嘩の道具」

「人権」は「喧嘩の道具」

朝鮮新報:2009「在日朝鮮人歴史・人権週間」まとめの会 在日朝鮮人の歴史、法的視点で
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/01/0901j1116-00001.htm

2009「在日朝鮮人歴史・人権週間」まとめの会が6日、東京・お茶ノ水の総評会館で行われ、3年間の活動総括と今後の対応などについて話し合われた。また、奨励賞の表彰が行われ、受賞した朝鮮大学校朝鮮人強制連行真相究明サークルと留学同京都の代表者らが活動について報告した。



実行委員会の藤本泰成氏(平和フォーラム事務局長)は、歴史・人権週間の趣旨と取り組みは着実に広がっており、今後も在日朝鮮人の歴史と人権問題について広めていこうと参加者に呼びかけた。

在日朝鮮人の方々は人権を強く主張なさる。でも、北朝鮮の現状、というか、北朝鮮の一般人民の生活の状況や政治的権利の状態をみると、これが「人権を主張する方々にとっての理想なのだろうか」とか「理想とまでは言わなくても、在日朝鮮人の状況より悪いのではないかしら」とか思ってしまう。

でも、彼らが祖国にいる同胞の「人権」を護れと言っているのを聞いたことがない。

  *        *        *

「人権」という言葉が、政治の世界で使われるとき、あるいは、誰かを非難するために使われるとき、人権という言葉は「権力闘争の道具」となる。

「人権」は「優しい言葉」ではない、「人権」は「喧嘩の道具」なのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 関心のある人は拒否する外国人参政権 | トップページ | 中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない? »

コメント

外国人に日本の「人権」云々は言われたくない。韓国・北朝鮮・中国其々母国でやってくれ!

投稿: 猪 | 2009年11月17日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46785124

この記事へのトラックバック一覧です: 「人権」は「喧嘩の道具」:

» 人権の「権」は、「仮の」という意味 [【 日々の感謝 】]
よく「権利、権利」と主張される方がおられます。 「人権」「権力」「権勢」「権益」の「権」の意味は、「仮の」という意味です。 森羅万象すべては、創造されました神様のものであります。ただ、人がこの世にある間だけ、「仮に拝借しています」という意味なのです。 人の肉体も、霊魂がこの世で過ごすための乗り物として、神様から拝借しているのです。 旅立つ時に、神様にお借りしたままのきれいな肉体をお返しするために、身体を傷つけてはいけないのです。 ですから、「権利」とは、この世にある間、拝借して... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 17時01分

« 関心のある人は拒否する外国人参政権 | トップページ | 中華人民共和国の朝鮮族は「中国国民」ではない? »