« 国民感覚の危うさ | トップページ | 嘘でもいいから優しい言葉を »

2009年11月30日 (月)

ドアポストでなければ出来ない表現とはなんですか?

ドアポストでなければ出来ない表現とはなんですか?

朝日新聞:「今後もビラを配り受け取る権利守る」 上告棄却の被告
http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200911300263_01.html

今回の判決に従えば、ビラを配るために集合住宅に入ることは多くの場合、犯罪と認定されるだろう。そのことで得られる「平穏」と、表現の自由という、市民の大切な権利の行使を萎縮(いしゅく)させる影響とを比較すると、判決はあまりに形式的だ。

マンションの玄関にある集合ポストではなく各戸のドアポストにチラシを配ろうとして逮捕された人の有罪がほぼ確定したそうです。

結果は有罪。

この事件の詳細は知りませんけど「集合ポストに入れた場合」と「各戸のドアポストに入れた場合」の表現の差が理解出来ません。

私にとっては、どちらも同じなんですが。

だから、「市民の大切な権利の行使を萎縮(いしゅく)させる」ってのも理解出来ません。

一方、こちらの言い分は理解できます。

毎日新聞:支局長からの手紙:「骨折しそうな社会」で /和歌山
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20091130ddlk30070206000c.html

一方、オウム事件報道で命まで狙われた江川紹子さんは「自分の家まで殺害に来られたことがないから、そんなことがいえる。表現の自由の一般論は分かるが、感情にも配慮が必要。ビラ配布の是非は、個別具体的に線引きすべきだ」と反論しました。

他人に生命の危険を感じさせてまで(それが事実かどうかは別にして)恐怖を感じさせてまで行わなければならない「表現」があるなら考えを変えます。だから、誰か「集合ポストに入れた場合」と「各戸のドアポストに入れた場合」の表現の差を教えてください。

納得したら考えを変えますから。

  *        *        *

逆に言うと「集合ポストに入れている限りは(猥褻物でないかぎり、ポストを一杯にしたりするような迷惑なチラシでもない限り)どんなチラシでも受け取らなければならない」と思っています。世間に出たら(気に入らない言葉があっても)耳を塞ぐ事は出来ないのと同じように。

それで良いじゃないですか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国民感覚の危うさ | トップページ | 嘘でもいいから優しい言葉を »

コメント

ギスギスした世の中ですね。私は不要なものはゴミ箱に入れるだけ。

投稿: 猪 | 2009年12月 1日 (火) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46902602

この記事へのトラックバック一覧です: ドアポストでなければ出来ない表現とはなんですか?:

« 国民感覚の危うさ | トップページ | 嘘でもいいから優しい言葉を »