« 天皇陛下の政治利用 | トップページ | ウソツキじゃないけど、頼りにならない奴 »

2009年12月29日 (火)

現実を無視した議論をしても

現実を無視した議論をしても

朝日新聞:普天間移設—本気で「県外」探ってみよ
http://www.asahi.com/paper/editorial20091229.html#Edit1

ただ、大事なことがある。日本防衛や地域の安定のため、沖縄の海兵隊が担ってきた抑止力は何らかの形で補う必要がある。その認識がこれからの検討の基本的な土俵ではないか。

その点で、鳩山由紀夫首相が先週末、普天間の海兵隊すべてをグアムに移すのは難しいと語ったのは、意味のある論点整理だった。作業チームのとりまとめ役である平野博文官房長官も、そうした論点を重視する考えを示している。

マスコミに期待するのが間違いかもしれませんが、普天間の移設問題で「普天間基地の担っている役割」が報道されることは殆どありません。

何故、米軍は普天間に海兵隊を配置したのか?

単純に「空き地があったから」ではないだろう。

軍事知識無くして基地問題を議論するのは、「お客様のニーズ」あるいは「薬の効能」を知らずに経営問題や医療問題について語るのと同じようなものだ。

  *        *        *

「その認識がこれからの検討の基本的な土俵ではないか」

日本が、日本の市民団体がいくら騒いでも「軍事的理由」があるなら米軍は妥協しない。相手の立場やニーズを理解せずに交渉しても良い結果は得られない。

だから、朝日新聞の社説のこの部分には、議論の入口に過ぎないが賛成はする。けれども、「いまさら感」を感じてしまう。今ごろになって「抑止力」について話始めると言うことは「今までの議論は、現実を見ないでしてました」と言うようなものだ。

  *        *        *

この問題が話題になった時から「普天間基地の軍事的役割」や「それが政治に与えている影響」について報道されるべきだったのだ。

マスコミが自分達を「社会を導くもの」であると認識しているなら、「騒いで視聴率や部数が稼げればそれで良い」と思っているのでないなら、軍事的知識について啓蒙してもらいたい(マスコミ自身が軍事知識を学んでもらいたい)と思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 天皇陛下の政治利用 | トップページ | ウソツキじゃないけど、頼りにならない奴 »

コメント

先延ばしで何をしたいのか?小沢氏が「綺麗な水を汚して良いのか」?と国防意識のない人達には敵いません。

民主党政権は世界の笑い物、日本の混乱を一番喜んでいるのが「反日国」ですから日本人は笑えません。

投稿: 猪 | 2009年12月29日 (火) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47142693

この記事へのトラックバック一覧です: 現実を無視した議論をしても:

« 天皇陛下の政治利用 | トップページ | ウソツキじゃないけど、頼りにならない奴 »