« 民主党政権はバカですね | トップページ | 朝日新聞と気が合あって困る »

2009年12月 9日 (水)

喧嘩を売るなら勝てよ

喧嘩を売るなら勝てよ

東京新聞:首相 外相 意見対立 深刻に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2009120802000074.html?ref=rank

外交の責任者が、日米関係が危機的状況にあると認めるのは異例だ。それほど岡田氏は追い詰められ、現行計画以外に選択肢は残されていないとの苦悩をにじませる。六日午後に首相を公邸に訪ね、一時間余り会談した際には、首相の説得を試みたとみられる。

ただ、政府・与党に岡田氏を後押しする声はなく、孤立感が深まっている。

「岡田氏はなぜ米国や外務省の言いなりになっているのか、ということだ」

首相に近い中堅議員は首相の内心をこう代弁してみせた。

民主党政権はアメリカと喧嘩するつもりなのでしょうか?

私は、アメリカと喧嘩するなとは言いません。

喧嘩するなら勝て、と言います。

アメリカは喧嘩っぱやい国です。第二次対戦後の戦争を思い起こして下さい。アメリカは何度戦いましたか?

冷戦を数えなかったとしても、朝鮮戦争、ベトナム戦争、パナマ侵攻、リビア空爆、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争。

その内、アメリカの都合で起きた戦争は何度ありましたか?アメリカは気に入らない相手には、平気で、喧嘩を売るんです。

日本がアメリカに喧嘩を売ったら、アメリカは買うでしょう。

そんな相手に喧嘩を売って勝てるでしょうか?

勝てるなら喧嘩を売ってよろしい。

勝てないなら「自分を守る」それが出来るなら、「自分の正義を、少しだけでも実現する方法を追求する」ことをしなければならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2009/12/09 21:04 訂正
 訂正前:ことを追求しなければならない。
 訂正後:ことをしなければならない。

|

« 民主党政権はバカですね | トップページ | 朝日新聞と気が合あって困る »

コメント

自分を知らない事が一番怖いことです。

投稿: 猪 | 2009年12月 9日 (水) 10時33分

負ける喧嘩でも、やる時がある、そう思うんです。

死んでしまっては、元も子もありませんが、例え、重傷を負ってでも、いや、死を覚悟してでも、戦うときは戦う、ということが必要ではありませんか?

今は何でも、損得勘定に走るきらいがありますが、信義だとか、正義だとか、清廉だとか、実直などという言葉は、もう死語になったのでしょうか?

明治以来、先人は、必死の覚悟で、日本の近代化を進め、西欧に追いつけ・追い越せと頑張ってきたのだと思います。

しかし、最近の日本人は、「金のために魂を売る」ような所業が増え、世界から尊敬されなくなっています。

「銭金では動かない」、「大義のために行動する」日本人であればこそ、世界が尊敬してくれるのではないでしょうか。

投稿: ノワール黒田 | 2009年12月 9日 (水) 13時54分

ノワール黒田さん、こんにちは、コメントありがとうございます。

> 負ける喧嘩でも、やる時がある、そう思うんです。
>
> 死んでしまっては、元も子もありませんが、例え、
> 重傷を負ってでも、いや、死を覚悟してでも、戦う
> ときは戦う、ということが必要ではありませんか?

個人の規範(心構え・覚悟)としては賛成です。自分個人の有り様としては、そうありたいと思います。しかし、国家としての方針として考えるときには「留保」です。

  *        *        *

ノワール黒田さんは一般論としておっしゃっているのだと思いますが、あえて、具体例を挙げてみます。

歴史にIFはありませんが、先の大戦、戦わずに済ませられなかったでしょうか。中国大陸・朝鮮半島の利権は日本にとって血を流して獲得したものであったかも知れませんが、その為に勝てない戦争をやるくらいななら、アメリカにくれてやったら良かったのではないでしょうか。

日本が受けた金銭的人的被害、さらには「精神的被害」を考えるとき、「くれてやる選択肢は無かったのか」と思わずにはいられません。

  *        *        *

あの戦争の目的を「白人支配の打破」と考えるならば、日本は戦争に勝っています。日本が白人を(一時的にせよ)追い出すことで、追い出せることを実証したおかげで、東南アジア諸国は独立を果たすことが出来たのですから。

  *        *        *

いまの鳩山政権は(日米開戦を決めた政権よりも)無能だと思います。

鳩山政権は、「喧嘩に勝つ」以前に「喧嘩になることすら予測できていなかった」ように見えます。そんな事では「勝つ戦略を」あるいは「戦う価値があるか判断する」と言うことも出来ませんから。

投稿: 乱読雑記 | 2009年12月 9日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/46972782

この記事へのトラックバック一覧です: 喧嘩を売るなら勝てよ:

« 民主党政権はバカですね | トップページ | 朝日新聞と気が合あって困る »