« 小沢さん、お下品です | トップページ | 決断できるのは「言いなり」と「先送り」 »

2009年12月14日 (月)

小沢さんはキレる寸前です?

小沢さんはキレる寸前です?

読売新聞:「憲法を読み直しなさい」天皇会見で小沢氏反論
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091214-OYT1T00888.htm

——習副主席が来日したが、天皇陛下との会見が30日(1か月)ルールにのっとらない形で行われることになった。

【小沢氏】30日ルールって誰が作ったの。知らないんだろ、君は。

——2005年に。

【小沢氏】法律で決まっているわけでもなんでもないでしょ、そんなもの。それはそれとして、君は日本国憲法を読んでいるか。天皇の行為は何て書いてある。それはどういう風に書いてある、憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。だから、何とかという宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだけれども、全く日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。ちょっと私には信じられない。しかも内閣の一部局じゃないですか、政府の。一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定したことについて会見して、方針をどうだこうだと言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。民主主義を理解していないと同時に、もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。当たり前でしょう。役人だもん。そうでしょう。だからマスコミがそういうところを全然理解せずに、役人の言う通りの発言を報道ばっかりしていてはいけません。ちゃんとよく憲法を読んで。そして、天皇陛下のお体がすぐれないと、体調がすぐれないというのならば、それよりも優位性の低い行事を、お休みになればいいことじゃないですか。そうでしょ、わかった?

小沢さん逆切れです、と言うか、プッツン寸前です(てか、ぷっつんしてぶっ壊して下さい、民主党政権を)。

  *        *        *

「法律で決まっているわけでもなんでもないでしょ、そんなもの」

しかし、中国以外の国には守ってもらってましたよね。

今回の問題は「30日ルール」を破る形になったことより「中国の要請によって破った」と言うことの方が問題なのです。

ぶっちゃけた話をするなら「小国に対してなら破っても大きな問題ではない」が「中国のような『日本のライバルである大国』に対して破ると大問題」なのです。

民主党は「対等の日米関係」と言います。日米関係は「対等でなければならない」けど、日中関係は「対等でなくても良い」のでしょうか。

アメリカのゴリ押しも問題ですが、中国のゴリ押しも問題なのです。アメリカとの「対等な関係」を言いながら、中国のゴリ押しを許していては、「アメリカの子分」から「中国の子分」になろうとしている事になってしまいます。

ところで「法律違反でなけりゃ何やっても良い」って、堀江モンみたいですね。

  *        *        *

「対等である」ことには色々な解釈や定義があるでしょうが「儀礼的な場面で対等である」ことは基本です。

ある二つの企業が「対等である」と言う為には、儀礼的な場面で対等であることが必要でしょう。

大企業の社長と中堅企業の社長が、業界団体の新年会などで、同席したとしましょう。売上げの大小はあっても「対等な関係」であるならば「対等な挨拶」をするでしょう。営業現場や市場では打々発止と戦っていても良いのです。展示会の展示内容なんかでは力関係が明らさまになることもあるでしょう。

しかし、儀礼的な場面で傲慢になったり卑屈になったりしてはなりません。そんな場面で「ゴリ押し」を許していたら「対等な関係」ではなくなります。新年会などの儀礼的な場面で「大企業の社長が中小企業の社長に対してバカにしたような態度をとる、中小企業の社長は卑屈な態度をとる」。そんな事があったら社員の士気に影響するでしょう、社員は「対等な関係ではない」と思うでしょう。

天皇陛下のご会見は、言うまでもなく極めて儀礼的なものです。

  *        *        *

「国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて」

天皇陛下のご行為が内閣の助言と承認によって行われるとしても、それは、天皇陛下が政府の道具であることを意味しません。

  *        *        *

「しかも内閣の一部局じゃないですか、政府の。一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定したことについて..略..もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ」

宮内庁の長官といえども大臣です。その意味では「もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ」にも理がない訳じゃないです。しかし、普天間を巡る岡田外務大臣や北澤防衛大臣は、勝手な発言をして混乱を巻き起こしています。鳩山首相が方針を決定できない事が原因かもしれませんが、福島さんも好き勝手に発言していますね。亀井さんも経済問題や予算では好き勝手に発言してますね。

それらに比べたら、宮内庁長官の今回の発言なんて大人しいものです。

小沢さんは、岡田さんや北澤さんや福島さんや亀井さんにも「辞任しろ」と言わねば、整合性がとれません。

  *        *        *

私には小沢さんと堀江モンが重なって見えます。

堀江モンは「金の力を信じた、それ以外が見えなかった」。

小沢さんは「権力を信じた、それ以外が見えていない」。

ふたりとも人の心が判らない。

小沢さんの権力は長くは続かないだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 小沢さん、お下品です | トップページ | 決断できるのは「言いなり」と「先送り」 »

コメント

内弁慶、中国での態度を見ている日本人には恥ずかしくて良く記者会見に出てきたと感心しますが、本人は気の小さい男を証明した様なものです。
憲法と言うなら参政権も「国民」の権利と憲法に明記してある「住民」に参政権はやれない。
歴史を勉強したら日本の皇室と60年の歴史の国の次期頭領の違い位判りそうなもの・・・最悪に年代いつまで続くのか・・・早く若い自分で勉強した真正日本人が政治をやって欲しい。

投稿: 猪 | 2009年12月15日 (火) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47023827

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんはキレる寸前です?:

» 事業仕分けと企業スポーツの廃部は全く同じ論理 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の六つのエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④バス..... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 18時26分

« 小沢さん、お下品です | トップページ | 決断できるのは「言いなり」と「先送り」 »