« 子供手当ての経済効果は定額給付金に及ばないだろう | トップページ | マスコミと有識者は軍事知識を持つべき »

2010年1月 4日 (月)

「事業仕分け」は俗悪バラエティ番組

「事業仕分け」は俗悪バラエティ番組

西日本新聞:仙谷氏、刷新会議で政権浮揚 課題拡大、掛け声倒れも
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/144185

2010年度予算概算要求に切り込んだ「事業仕分け」が国民に好評だったことから、マニフェスト(政権公約)などに掲げた政策に一気に着手し、政権浮揚を図ろうとの思惑のようだ。

「『事業仕分け』が国民に好評だった」

私には事業仕分けが「パンとサーカス」のサーカスにしか見えませんでした。

ひとつひとつの事業の説明が不足していて、官僚や利害関係者を吊し挙げて、ストレス発散をしているみたい。

俗悪なバラエティ番組のようだと言ったら言い過ぎでしょうか。

  *        *        *

でもね、民主党政権はあれで支持率を維持したんだから「国民に好評」というのは正しい。

私には、事業仕分けが衆愚政治の象徴のように思えてならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 子供手当ての経済効果は定額給付金に及ばないだろう | トップページ | マスコミと有識者は軍事知識を持つべき »

コメント

「国民に好評」?
馬鹿な、民主党へのお追従記事を書けるものだ。
あんな「見せかけ」に騙されるアホウ国民だから、
民主党が政権とれるんだよ!

投稿: | 2010年1月 4日 (月) 23時30分

俗悪ばらえてぃ!?あれは最悪でした。そうそう!!正月番組にもひどいものが山ほどありましたよ。どこのTV局か忘れましたが、パチンコ?スロットマシン?を使って、その機械を大っぴらに映し、何かの勝敗を競う、わが目を疑う番組がありました。元日の昼前後だったとおもいますが、小さな子供たちや小中高生など未成年もたくさん見ている時間帯でした。あれは 子供たちをぱち狂予備軍にするための番組、ぱちスロを刷り込むための番組としか思えませんでした。

投稿: 鷹の爪 | 2010年1月 5日 (火) 10時07分

バラエティ番組の最たるものでした。監督・製作者の名前を画面に映してくれれば尚「良い」番組だったでしょうが、中国の「反日」映画と一諸で「官僚悪・悪代官」、民主党水戸黄門さん、アホらしい番組でした。

投稿: 猪 | 2010年1月 5日 (火) 11時11分

民主党は外国人地方参政権をわざわざマニフェストから外して
衆院選を戦い、今度はこっそり進めようとしていますね。

このことをなぜかマスコミが、特に影響力の大きいテレビが
一切伝えようとしない。どこまで腐っているんでしょうね。

それにしてもネットを通じて多くの人が(最低でも1000万人以上)
日本の主権(選挙権)をこっそり売り渡そうとしていることに激怒しているのにも
関わらず、よくも平気で売国行為が出来るものですね。感心します。

近い将来、日本国中ほとんどの日本人はこの事実を知ることになるでしょう。
売国法案をろくに国民的議論もせずに外国人のために通そうとしている
国会議員やそれを手助けするマスコミのみなさんは・・・・これから先、国民からの
報復への怯えを心配せずに生きていけるとでも思っているのでしょうか?

日本は庶民クラスの知識レベルの高さは世界でダントツでTOPですよ。
売国行為を推進すれば、日本国中にその背信行為が知れ渡るでしょう。
不思議なので、もう一度聞きますが・・・・あなたたち(売国議員とマスコミ)は
(正気で)衆人周知の中で売国行為を押し通すつもりですか?

売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさんへ忠告させていただきますが
現実に日本人が外国人に虐げられるような社会が到来した時
あなたたちやその家族までもが、日本中から恨みや怒りの標的となっても
全くおかしくないと予想されます。よく考えてみてください。怖くはありませんか?

売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさん!!是非、売国行為から
日本人の幸福を第一に考える行動へ方針転換なさるよう、お願いいたします。

投稿: june | 2010年1月 5日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47204690

この記事へのトラックバック一覧です: 「事業仕分け」は俗悪バラエティ番組:

« 子供手当ての経済効果は定額給付金に及ばないだろう | トップページ | マスコミと有識者は軍事知識を持つべき »