« 政治家は言葉が命 | トップページ | 反戦運動は広まらない »

2010年1月23日 (土)

知らないように頑張ることは、知っているのと同じではないか

知らないように頑張ることは、知っているのと同じではないか

時事通信:短時間も本格応酬か=小沢氏聴取、矛盾突く構え−東京地検
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012300041

 陸山会の代表者である小沢氏が、元秘書らの虚偽記載をどこまで認識していたかについても確認する。逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)ら3人は、いずれも小沢氏への報告や了承などを否定。同氏も認識を全面否定するとみられるが、特捜部が特に重視するのは、土地代を支払った直後、陸山会が金融機関から4億円の融資を受けた際、小沢氏本人が融資手続きに関与した点だ。石川容疑者は、この融資が原資を隠すための偽装工作だったと認めている。

小沢さんに限らないけれども、政治家が金の問題を起こしたとき「秘書が、秘書が」と言い訳するのは、よくある光景だ。

「秘書が勝手に(私の知らないところで)やりました」という言い訳、言い逃れ。

小沢さんの政治資金問題でも「小沢さんが指示したのか。認識(≒了承)したのか」という事が問題になっている。

知っていたと証明されなければ、小沢さんは無罪になる。小沢さんは秘書に報告を求めてなかったかもしれない、阿吽の呼吸で秘書たちは「小沢さんが知ることのないように」振る舞っていたのかも知れない。

でも、秘書たちがそのように行動しているとしたら、小沢さんが「オレに知らせるな」というように行動しているからだ。

  *        *        *

なんらかの違法行為があって、でも、知らないように努力しているから知らない。だから、知らないと言い訳することが出来る、知っていると証明されない。

でも、知らないように努力している、その結果、知らないとしたら、知っているのと同じではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治家は言葉が命 | トップページ | 反戦運動は広まらない »

コメント

参政権付与対象である「永住者」に関し驚愕の事実判明
内容の概略:
●「永住者」の在留資格は来日からごく短期間で容易に与えられているケース多数
●その「永住者」を頼りに来日する外国人が増え、「移民」状態は始まっている
●不法入国・滞在者にも、日本語の読み書きのできない者にも「永住者」の在留資格が与えられている
●しかし、不法入国・滞在者や日本語の読み書きのできない者は「帰化」はできない
●つまり「帰化」できない犯罪者も、日本語のできない者も「永住者」にはなることが出来る→参政権の付与対象 など
詳しくは
http://sitarou09.blog91.fc2.com/
そして、ご協力お願いします

投稿: カラス便 | 2010年1月23日 (土) 13時08分

行政書士が協力して居ますから、永住権は簡単ですよ。日本の法律はザルみたいなものだと関係者は苦笑して居ます。

投稿: 猪 | 2010年1月23日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47366326

この記事へのトラックバック一覧です: 知らないように頑張ることは、知っているのと同じではないか:

» 小沢一郎、本日とうとう....   凄い気合いがで.... [広く浅い生活]
おはようございます。もう既に...ベランダは布団で一杯!朝から布団を干して....掃除機をかけて....出かけていきました!凄い気合いですね〜本日は....子供の高校の説明会があるので....参加してくると。と言っても....私立なのですが....個人...... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 09時22分

« 政治家は言葉が命 | トップページ | 反戦運動は広まらない »