« 逆バンドワゴン効果 | トップページ | 管理するということ・援助するということ »

2010年1月19日 (火)

平和の為に支払うコスト

平和の為に支払うコスト

西日本新聞:給油活動終了 実効ある支援の具体化を
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/147049

 大きな難題はアフガン国内で拡大する治安の悪化だ。現在、アフガンでは40カ国以上が部隊や文民を派遣して治安維持や復興支援にあたっているが、これまでに1500人を超える犠牲者が出ている。この現実にどう対応していくのか。

 汚職・腐敗体質が指摘されるカルザイ政権への対応も難題だ。政権に対する国民の不信や反発は強い。政権を利する支援では、反政府勢力の活動を助長し治安をさらに悪化させかねない。

 そうした状況下で、実効ある支援は可能なのか。不安や懸念はあるが、だからと言って治安回復や停戦合意、政治の安定を待っていたのでは遅い。

現在のアフガニスタンに人間を送って援助を行えば、ほぼ確実にテロの対象になる。現地の人間に役にたつかどうは関係ない。たとえ現地の人間の役に立ったとしても「全てのアフガニスタン人に均一に役立つ」ことは不可能だ。必ず反発する部族や組織が出てくる。そして頻繁にテロが起きている現状を思えば、援助目的であっても必ずテロや拉致の対象になる。

「だからと言って治安回復や停戦合意、政治の安定を待っていたのでは遅い」

アフガニスタンの為に働こうという志は、素晴らしいと思う。しかし、支払う犠牲の大きさを考えないのは、平和ボケあるいは現実逃避と言えるだろう。

  *        *        *

インド洋での給油活動は終了した。それに代わる活動を行うことが日本には求められている。

その事実を言うのは良いことだ。だけど、その代わりになる活動は危険なものになるだろう事も書いて欲しかった。

  *        *        *

インド洋での給油活動は「金だけじゃないぞ」と言うために、とっても安全で経済的なものだったんだけどね、日本にとっては。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 逆バンドワゴン効果 | トップページ | 管理するということ・援助するということ »

コメント

別件でお邪魔します
ブログ オレンジいろのあさ
こちらで民主議員へFAX抗議をやっています。
よろしくお願いします。
http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/
ご協力お願いします。

投稿: 竹取り | 2010年1月20日 (水) 05時42分

無駄金を使いたいのでしょう。自民党がやってきた事は全部だめ、じゃダメなのですが「子供」内閣、早く下野してほしい。

投稿: 猪 | 2010年1月20日 (水) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47340217

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の為に支払うコスト:

« 逆バンドワゴン効果 | トップページ | 管理するということ・援助するということ »