« 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? | トップページ | 迷走する民主党政権と普天間問題 »

2010年1月25日 (月)

特例会見と宮中儀式

特例会見と宮中儀式

産経新聞:【正論】国学院大学教授・大原康男 反面教師として小沢発言を検証
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100122/stt1001220331000-n1.htm

 〈(天皇陛下の)体調がすぐれないというならば、それよりも優位性の低い行事はお休みになればいいことじゃないですか〉

 陛下のご日程に無理やり組み入れて会見が行われたのは12月15日の午前11時から。この日は夕刻から賢所御神楽(おかぐら)が斉行されることになっていた。賢所御神楽は天の岩戸神話に由来し、新嘗祭と並んで皇室祭祀(さいし)の中でも最も由緒のある祭祀であり、陛下が終日お心を安らかに保たなければならない日だったのである。

 

「優位性の低い行事はお休みになれば…」とは「習副主席との会見を賢所御神楽に優先せよ」と言っているに等しい。これこそ最も不遜(ふそん)な発言であろう。

血がちょっと逆流しました。あの特例会見が宮中の儀式を邪魔していたなんて。

  *        *        *

私はただの庶民ですから、宮中の儀式の重要度なんて判断できません。引用した記事にある「賢所御神楽」の重要さも判りません(それが判るのは、宮内庁や天皇家の方々、そして日本の歴史や神道に詳しい方々でしょう)。

でも、小沢さんも判っていないんじゃないでしょうか。逆に言うと「総合的に考えて(現実世界の要請と伝統儀式の重要さを比較して)判断できる人間」なんていないでしょう。

だからこそ、直前になって要請があって、ぶつかったりしないように、事前に調整する必要があると思います。

  *        *        *

小沢さんの行動や物言いを見ていると、理念無し、すべてが金と票。そんな人間が宮中の儀式を妨げたと思うと、ちょっと血が逆流してしまいました。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? | トップページ | 迷走する民主党政権と普天間問題 »

コメント

そんなことが有ったのですね。宮内庁長官も腹を括って抗議すべきでしょう。

投稿: 猪 | 2010年1月25日 (月) 10時40分

腹たちますよね!

わたしは、わかっていて邪魔もかねてねじこんだんだと思っていましたbearing

小沢さんがわかってなかったとしたら、これほどに無知で無教養で平気な人間に支配されるのは、本当にごめんこうむりたいですね。

投稿: ホテイ | 2010年1月25日 (月) 11時13分

日本人の無知に付け込んで色々やられないようにしないといけませんね。
重要な情報かと思いましたので、貼り付け引用させて下さい。
<中国スパイ>留学生や在住者が大半、活動の実態を専門家が証言―米議会>  /レコードチャイナ
2009年4月30日、米議会の諮問機関・米中経済安保調査委員会は中国の対米スパイ活動に関する公聴会を開催した。研究者や元連邦捜査局(FBI)捜査官らがスパイ活動の実態について証言した。5月9日、環球時報が伝えた。
元FBI捜査官のスミス氏は「中国は特定の情報や科学技術に狙いを定めて活動しているわけではなく、まず情報を集めた後に分析分類するという手法を取っている」と述べ、中国のスパイ活動の対象が広範囲に及ぶことを証言した。こうしたスパイ活動の担い手はほとんどが中国人留学生及び在米華人だという。
米シンクタンク・諜報研究分析センターの毛文傑(マオ・ウェンジエ)副主任は「中国は世界で最もスパイ活動を活発に行っている国だ」と指摘。また米国の輸出規制法には穴があり、米国内の中国向けに技術や情報を売っている個人及び企業の管理を強めなければならないと訴えた。(翻訳・編集/KT)
ブログ だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ!http://damasareruna.blog65.fc2.com/

投稿: カラス便 | 2010年1月25日 (月) 12時53分

ブログ 老兵の独り言より引用
http://neyama.blog31.fc2.com/
先日大阪府下公立学校における外国籍教員が135人を数えるとされています。
八尾市教育委員会人事総務課より以下の回答。
八尾市立学校における外国籍教員について(平成22年1月25日現在)
   大韓民国籍  9名
大丈夫なのでしょうか?信じられないのですが・・

投稿: カラス便 | 2010年1月25日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47376485

この記事へのトラックバック一覧です: 特例会見と宮中儀式:

» 蒼海の 「鈴木貫太郎の孫子観 4」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 兵書としての『孫子』の真髄を理解しているつもり私の目から見て、 鈴木貫太郎大将の「・・偉大なる戦術の原則論・・」との一文は、 単に『孫子』を知っている程度の理解を超え、 『孫子』の理念を体得していると判断できる文言である。... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 11時37分

« 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? | トップページ | 迷走する民主党政権と普天間問題 »