« 反戦運動は広まらない | トップページ | 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? »

2010年1月24日 (日)

その間に何が起きるのか

その間に何が起きるのか

時事通信:自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012300188

 小泉氏はまた、「それでも(鳩山政権に)かなりの支持率があるのは、いかに自民党があきられたか、反感を持たれていたかだ」と指摘。「少なくとも3、4年は民主党政権をやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮がなくならない」と語り、自民党の政権奪還には一定の期間が必要との認識を示した。

民主党がやっていることは、プラスもあるけど、マイナスも多い。不祥事も多発している。政治と金の問題では自民党より悪い。現在の民主党や鳩山政権への支持率の理由を「いかに自民党があきられたか、反感を持たれていたかだ」とする、小泉さんの意見に納得する。

でも、以下に引用する発言には同意しつつ、恐怖を感じる。

「少なくとも3、4年は民主党政権をやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮がなくならない」

世論は民主党に夢を見ている。小沢さんがかなりの部分を吹っ飛ばしてくれているけど。

  *        *        *

私は政権交代自身は悪くないと思うし、民主党の実態と能力が明らかになり下手な幻想が無くなることは、「政治に出来ること」「現実の世界で可能なこと」を理解することであり、良いことです。

仮りに自民党政権に戻ったとしても、他の政党が政権を担ったとしても、あるいは、国民が政権を選択する上においても、良いことだと思う。

しかし、「少なくとも3、4年」。その3〜4年の間に日本が日本でいられなくなる程の変化(被害)を受けてしまわないでしょうか。

外国人参政権、夫婦別姓、日米同盟の危機と弱体化。

こういった事が起きてしまうことが心配でなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反戦運動は広まらない | トップページ | 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? »

コメント

別件でお邪魔します。
新入り中国人たちが日本において、“中国人の中国人による中国人の為の政治”をやろうとしているという話です。


【常識革命】 <6>国会目指す『新華僑』 2010年1月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/joushiki/list/CK2010010802000085.html
ブログ だいあのつぶやき コメントから転載です。

投稿: カラス便 | 2010年1月24日 (日) 07時52分

3,4年後に回復する力が残ってるでしょうか?僅かな金で(と言っても国防費より多い)日本を捨ててしまう様な日本人、お母さん達・・どうなのでしょう?怖いことです。

投稿: 猪 | 2010年1月24日 (日) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47374952

この記事へのトラックバック一覧です: その間に何が起きるのか:

» 蒼海の 「鈴木貫太郎の孫子観 3」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 そこでは、練習艦隊司令官として、サンフランシスコ訪問をした際の 講演内容を紹介し、日米間では戦争を行うべからずの心境を披瀝するとともに、 いたずらに太平洋戦争に突入した、当時の為政者に対し、 次のような見解が記されている。... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 15時42分

« 反戦運動は広まらない | トップページ | 小沢ー鳩山政権の命脈は尽きた? »